ギレルモ・リゴンドー 次戦は2014年12月31日、大阪で天笠尚と対戦することがほぼ確定

photo credit by:RingTV

Caribe Promotionによると、WBAスーパー、WBOスーパーバンタム級王者ギレルモ・リゴンドーが、2014年12月31日、大阪で天笠尚と対戦すると報じている。

リゴンドー側のプロモーター、カリブモロモーションによると、リゴンドーのファイトマネーは5000万円。ドネア戦のファイトマネーが7500万円だと考えると高額ファイトマネーだ。こちらの記事で紹介したが、リゴンドーの次戦は、WBO指名挑戦試合でクリス・アバロスとの対戦が濃厚だったがクリス・アバロス側が辞退を表明し試合が決まらずにいた。

Sponsor Link
リゴンドーは、ドネア、アグベコと強者と戦い明確に勝利しているが、米国では人気がなくプロモーター、TV局からの評価も低い。その理由は試合内容がエキサイティングでないからだろう。米国でのボクシングは試合内容も問われるが、ボクシングはエンターテイメントだ。ファンからの支持を得なければビッグマッチは難しい。

リゴンドーは、TopRankとの契約も終了し米国2大ケーブル局、HBO、Showtimeもリゴンドーの放送に興味を示しておらず米国でのマッチメイクが難しい状態。リゴンドーは、スーパーバンタム級で統一戦を望むも、2015年には他団体王者、IBF王者カール・フランプトン、WBA王者スコット・クイッグが統一戦を行うという噂もある。現状では、タイミングも悪く統一戦も行えず対戦相手もいない。WBOが暫定王座を設置し統一戦を行う運びとなっていた。

大阪で井岡、宮崎の同一興行の可能性が高い。世界タイトルマッチと思うが、天笠はフェザー級のボクサーだ、リゴンドーはフェザー級に転向するとの話もあるのでノンタイトル戦となる可能性も考えられる。恐らく、井岡の試合が世界タイトルマッチが難しくなった為、リゴンドー来日という形になった可能性がある。今回の日本への来日は対戦相手が決まらないリゴンドーにとっては、ファイトマネー5000万円を考えるとおいしい話だ。

強すぎるからに対戦相手が見つからないのもあるが、米国2大ケーブル局から見放されたリゴンドーとの試合は、対戦相手にとってみれば、ファイトマネーも少なくリスクしかないのかもしれない。TBSで放送されることになると思うが、採算が取れるか気になるところだ。

天笠にして見れば、スーパーバンタム級最強王者リゴンドーと対戦する機会は願ってもない機会、他団体の王者も日本人が挑戦するチャンスは指名挑戦者試合くらいだ。先ずは正式発表を待つことにしよう。

関連記事:
クリス・アバロス、ギレルモ・リゴンドー戦をスキップしフランプトン戦へ向けて交渉開始か

Posted from するぷろ for iOS.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください