八重樫東、2014年12月30日ダブル世界戦、ペドロ・ゲバラとWBCライトフライ級王座決定戦か!

image source to:The Ring TV

boxingsceneによると、2014年12月30日に東京、東京体育館にて、八重樫東がペドロ・ゲバラ(メキシコ)とWBCライトフライ級王座決定戦を行う可能性があると報じている。

こちらの記事でも紹介したとおり、2014年12月30日東京体育館にて、井上尚弥とオマール・ナルバエスのWBOスーパーフライ級タイトルマッチが決定している。井上尚弥は階級を上げるためにWBCライトフライ級のベルトは返上している。この空位となったところに、八重樫東とペドロ・ゲバラがWBCライトフライ級王座決定戦を行うようだ。尚、八重樫東の次戦の対戦相手については、11月10日に記者会見があるとのことだ。先ずは、公式発表を待つことにしよう。

ペドロ・ゲバラの戦績は23戦(21勝(KO14)1負1分)、2013年、ラウル・ガルシアとWBCシルバー世界ライトフライ級王座決定戦で判定で勝利している。

関連記事:
最強王者へ挑む、井上尚弥、2014年12月30日東京で絶対王者オマール・ナルバエス戦が正式に決定

(Via: boxingscene)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください