ティモシー・ブラッドリー 2015年カネロvsコットの勝者と対戦か!?

image source to:Knockout NATION

boxingsceneによると、元2階級王者 ティモシー・ブラッドリーの2015年対戦プランに、2015年5月に対戦が噂されている(カネロvsコット)の勝者と対戦させる意向があるとトップランクCEO ボブ・アラムがコメントしていることがわかった。

Sponsor Link
こちらの記事でも紹介したとおり、ティモシー・ブラッドリーは、2014年12月13日アメリカ、ネタバ州、ラスベガス、コスモポリタンホテルで、ディエゴ・チャベスとウェルター級12回戦で対戦することがきまっている。トップランク CEOボブ・アラム氏は、ミゲール・コットとの対戦は、「154.5-155」、のキャッチウェイトで考えているようだ。

ミゲール・コットとティモシー・ブラッドリーの対戦は以前にもあった。コットがマルチネスに勝利しWBC世界ミドルのベルトを奪取した際、ティモシー・ブラッドリーとキャッチウェイトで対戦する噂があったが、こちらの記事でも紹介したとおり、サウル・カネロ・アルバレスがミドル級に参戦し、ミゲール・コットと2015年5月にメガファイトをする話がでている。現在は、コット vs カネロの対戦が角度が高いだろう。カネロのHBO凱旋もミゲール・コットと対戦する為と言われている。

対戦するのであれば、ティモシー・ブラッドリーがディエゴ・チャベスに勝利する必要があるが、タフな戦いになりそうだ。こちらの記事でも紹介したが、カネロvsコットの勝者とゲンナジー・ゴロフキンが対戦するのではという噂もあり、ゴロフキンもコットと対戦したい意向を示している。

仮に、コットとブラッドリーが対戦するとすればブラッドリーはスピードがありタフファイトも出来る、コットも簡単にはブラッドリーを崩すことは難しいと思う。2015年は、ゴロフキンを中心にミドル級戦線が盛り上がりそうだ。

関連記事:
2014年12月13日 ブラッドリーvsディエゴ・チャベスのアンダーカードにアンディ・リーvsコロボフが決定
ゴロフキン、次戦は2015年ミゲール・コットとの対戦を望んでいるとコメント
サウル・カネロ・アルバレス vs ミゲル・コット 2015年5月に実現か?メイウェザーの次戦とかぶる
サウル・カネロ・アルバレス HBOと契約、次戦は12月6日クロッティとの対戦が濃厚

(Via: boxingscene)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください