世界ボクシング協会(WBA)は、同スーパーフライ級王者 河野公平に亀田興毅との指名試合を命じ、その試合の興行権の入札をパナマのWBA本部で行われると発表した。

4階級制覇を狙う、亀田興毅は現状国内での試合が認められていない。先日、UNITEDのジム移籍によるライセンス申請をしたがJBCに却下され、現状、日本国内での試合が認められていない。入札は、2014年9月17日、WBA本部が置かれているパナマで行われる。

興行が決まれば、河野公平は国内で試合が出来ない亀田興毅と対戦となれば、海外での試合となる。今後のJBCの動向、興行権の入札に関しては注目だ。

(Via: サンスポ)