サウル・カネロ・アルバレス HBOと契約、次戦は12月6日クロッティとの対戦が濃厚

photo credit by:badlefthook

米国現地時間、2014年9月23日、ロスアンゼルス、ダウンタウンにあるゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(以下GBP)本社にて、CEOオスカー・デ・ラ・ホーヤ氏が、サウル・カネロ・アルバレスが米国ボクシング中継局HBOと契約したことを記者会見の場で発表した。

同会見にはHBO Sports CEO ケン・ハーシィマン氏、サウル・カネロ・アルバレス氏も同席した。前日、GBPから23日にビッグニュースがあるとTweetもでて、様々な憶測をよんだ。

5月、9月の週末に戦いたい意向を示す

記者会見でカネロは、シンコ・デ・マヨ5月とメキシコ独立記念日である9月の週末にPPV放送枠で戦うことを望んでいるとコメント。デ・ラ・ホーヤ氏は、フロイド・メイウェザーのファイト・スケジュールと衝突し、揉めることになるかもしれないが、カネロの5月、9月のファイトスケジュールについて実現できるとコメント。メキシカンのカネロににすれば、5月、9月に試合を行うことに大いに意味があるのは事実だ。

5月、9月と言えば、フロイド・メイウェザーのファイト・スケジュールと衝突する。しかし、メイウェザーの次戦は、2015年5月はスキップし9月という話もある。今後もフロイド・メイウェザーの試合は、メイウェザー・プロモーションとGBPで共同興行するならば、ファイト・スケジュールに関しては大きく揉めそうだ。

カネロ次戦は、2015年12月6日

photo credit by:examiner.com

photo credit by:examiner.com

カネロの次戦については、来週にも正式にアナウンスされるとしている。現時点では決まっていないが、2014年12月6日、開催地は米国、テキサス州 サンアントニオ アラモドーム、「ジョシュア・クロッティ」となる可能性が高い。尚、次戦はPPV放送ではなくHBOで通常放送になる可能性が高い。

GBP HBO今後

photo credity  by:delacalleboxing

photo credity by:delacalleboxing

こちらの記事でも紹介したが、11月8日、ホプキンス(GBP契約選手)vsコバレフがHBOで放送されることが決まり、カネロのHBO凱旋が決まった。GBPとHBOの関係も改善したと言って良いだろう。以前は、HBOでGBPの選手が放送されることは皆無であった。カネロのHBO凱旋、この先には、こちらの記事で紹介した、カネロvsコット戦のメガファイトの準備とも言えると思う。

最近では、大物アドバイザーアル・ヘイモン契約する選手も多く、自身のGBPも主力選手が少なくGBP興行といってもヘイモンカードが乱立する興行多い。今回のカネロのHBO凱旋でGBP、HBPの興行も大きく変わりそうだ。来年は、カネロvsコットとの戦いがほぼ確実と言っていいだろう。人気者の2人が戦うとなればPPV購入件数にも期待ができる。カネロの直近のPPV購入件数は、アルフレド・アングロ戦が350,000、エリスランディ・ララ戦が300,000件と何れも低迷している。

カネロは、コット戦後のことも勿論想定しているはず。その先にはミドル級最強の王者、GGGが君臨する。カネロとHBOが契約したことは、カネロの新たな挑戦、メガファイトの可能性が大いにあり、GBPにとってもプラス要素が高い。以前、デ・ラ・ホーヤが言っていた、「 ファンが観たい試合をマッチメイクする 」に今後期待したいと思う。

(Via: ESPN Boxing)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください