Yahoo Sportsによると、米国現地時間2014年11月1日アメリカ、シカゴで行われる、WBOバンタム級王座統一戦「亀田和毅 vs アレハンドロ・エルナンデス」試合放送がShowtimeになる可能性がでてきた。

こちらの記事でも伝えたが、WBOは、同級暫定王者、アレハンドロ・エルナンデスとの統一戦を命じて、先日正式に試合が確定した。亀田はこの試合に勝てばハーフミリオン約5000万円のファイトマネーを手にすることができる。同記事によると、放送はshowtimeによってされる可能性がでてきた。記事によると、10月4日、11月1日に行われる複数の試合がShowtimeで放送されると報じている。

亀田和毅、7月にカネロvsララのアンダーカードで印象的な勝利を得て、大物アドバイザー アル・ヘイモンと契約を交わした後の初試合となる。印象的な勝ち方も勿論大事だが先ずは試合に勝ち結果を出すことが要求される。アル・ヘイモンと契約したことはチャンスだが、結果を残さなければならない亀田和毅はここからが本番となるだろう。しかし、ここまでのビッグ・チャンスを掴んだのは本人の外交的な要因もある、日本人ボクサーも決められたレールを歩みチャンスを掴む方法もあるが、自らレールを引き自分でチャンスを掴む道もあるということが、今回のアル・ヘイモンとの契約から分かったと思う。

亀田和毅、エルナンデスに勝利すれば来年にも、こちらの記事でも紹介したとおり、来年にもジェイミー・マクドネルとの王座統一戦のプランの話もあり既に、マクドネル側のプロモーターと、アル・ヘイモン側で合意したという話もある。先ずは、エルナンデスに勝利して欲しい。

(Via:Yahoo! Sports)