アブネル・マレス 大物アドバイザー アル・ヘイモンと契約 次戦は11月か12月で調整中

photo by:Carlos Delgado/Hoganphotos/Golden Boy Promotions Via ESPN Boxing

ESPN Boxingによると、元3階級制覇チャンピオン、アブネル・マレス(メキシコ)が大物アドバイザー、アル・ヘイモンと契約し次戦は、11月か12月で調整中と報じている。

ジョニー・ゴンサレスとの戦いに破れリマッチを望む、アブネル・マレス、ここにきて大物アドバイザー、アル・ヘイモンと契約したことは大きい。アル・ヘイモンは、多くのトップ選手と契約をしてる、フロイド・メイウェザー、エイドリアン・ブローナー、マルコス・マイダナ、レオ・サンタ・クルス、ダニー・ガルシア、ルーカス・マティセ、デボン・アレキサンダー、アミール・カーン、エリスランディ・ララ。最近では、亀田和毅もアル・ヘイモンと契約を交わしている。

アブネル・マレスの次のターゲットは、ジョニー・ゴンサレスだけではなく、他団体のチャンピオンにも興味を示している。現フェザー級チャンピオンは、ドネア、ロマチェンコとトップランク傘下のスター選手が集うが、ゴールデン・ボーイ・プロモーション(以下GBP)との確執があるトップランクでは現段階ではマッチメイクは難しいが、最近では、GBP CEO オスカー・デ・ラ・ホーヤ氏がトップランクとのビジネス再開を望んでいて、ボム・アラム氏と水面下で交渉しているとの話もあるので、今後マッチメイクが可能となれば、ドネア、ロマチェンコとのビッグマッチも可能となる。

(Via: ESPN Boxing)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください