Facebook社 直感的に操作可能な「Facebook Home」と同アプリ搭載のAndroid端末発表


米Facebook社は、2013年4月4日カリフォルニア、Android向けのプレスイベントにて、Android端末向けアプリFacebook操作が直感的に操作可能な「Facebook Home」と、同アプリを搭載したHTC社製のAndroid端末「 HTC First」を発表。

 

Android向けの「Facebook Home」はGoogle Playより、4月12日から提供される。「HTC First」は米AT&Tより、米国内向けに4月12日より$99で発売。「Facebook Home」の対応端末は現時点では、以下の端末のみで最新のハイエンド端末のみだ。「Facebook Home」はリソースがかかることがうかがえる。

  • HTC One X
  • HTC One X +
  • HTC First
  • Samsung Galaxy SⅢ / Note
  •  

     
    「Facebook Home」は、Android端末のホーム画面となり、大きく3つの機能がある「カバーフィード」、「チャットヘッド」、「アプリロンチャー」が主な機能となる。

     

    カバーフィード

    ホーム画面から「スワイプ」動作で友達の投稿を見ることができる。タップすることで「いいね!」や「コメント」をいれることも可能なようだ。ロック画面では、ニュースフィードが流れ、友達の投稿があると通知してくれる。

     

    チャットヘッド

    他のアプリを実行中でも、アプリを切り替えること無くチャットをすることができる。アプリを切り替えることなくチャットできるのはかなり便利ですね!

     

    アプリロンチャー

    ホーム画面から、自分の顔をタップするとアプリロンチャーが起動するので、よく使うアプリなどをいれておくことができる。

     

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    Twitter でin44y

    最新の関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です