Google AdSense利便性アップ「非同期型広告コード」が利用可能に

photo credit: Cesar Solorzano via photopin cc

photo credit: Cesar Solorzano via photopin cc

Googleは、2013年7月16日、AdSense 日本版 公式ブログにおいて、Google AdSenseが「非同期型広告コード」の掲載が可能となったことを発表した。Googleによると、広告表示が非同期通信に対応となり、Webサイトのコンテンツロードへの影響が少なく、ユーザの利便性が高まるとしている。

ページのコンテンツ表示が、広告表示に引きずられて遅くなる時ありますよね。ユーザ側から見ると表示が遅いページは大抵、戻って違うページを見ますよね。広告収益もそうですが、コンテンツを提供する側はかなりの損だと思います。

非同期通信となることで、HTMLコードに書かれている順番にコンテンツ、広告をダウンロードすることがなくなり、表示できるものから表示するので、体感的には早くなりそうな気がしますね。

 非同期型広告コードの取得方法

Google AdSense管理画面>広告の設定>広告ユニット>広告コードを取得

コードタイプを「非同期(ベータ版)」を選択

130717-0002

Googleでは、全ての広告を「非同期型広告コード」に変更することを勧めています。面倒な作業となりますが、変更して損はなさそうですね。

SNSで最新情報をチェック

更新情報は、twitter,facebook,でチェックできます。facebook限定の記事もありますので非ご登録いただければとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です