GoogleAdSense 広告配信プロセス変更 レクタングル大(336×280) 広告ユニットの収益性UP!


今日、TOPページのサイドバートップに配置していたGoogleAdSenseの広告ユニットを(300×200)から(336×280)の広告ユニットに変更したら、(300×200)の広告ユニットが表示され「アレ?」と思ったらどうやらGoogleAdSenseの広告ユニットの仕様が変更されたらしいですよ。

 336×280の広告ユニットに300×250のイメージ広告の配信が可能に

スクリーンショット_2013_06_21_19_17

仕様変更に伴い、イメージ広告掲載を許可している レクタングル(大)336×280広告ユニットには、300×250の広告も配信され、336×280、300×250のイメージ広告で、パフォーマンスが最も高い広告が掲載されるとのこと。

336×280の広告ユニットの中央に、300×250の広告ユニットが配置されるのではみ出すことはないので、336×280(レクタングル大)を設置可能な方は、広告ユニットサイズの変更をすると少なからず収益アップに繋がるのではと思います。

 効果的な広告ユニットのサイズは

Googleは最も効果的な広告ユニットとして、336×280(レクタングル大)、300×250(レクタングル中)、728×90(ビッグバナー)、160×600(ワイドスクレイパー)を推奨しています。当ブログは、先週の半ばに「GoogleAdSense」の配置を変更し、PC、モバイル端末に配信する広告ユニットを変更しました。現状モバイル端末から、個別ページの記事下の300×250(レクタングル中)の広告クリックが一番高いです。

今後は、モバイル端末を考えて、配信する広告ユニット、レイアウト変更を行おうと思ってます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です