井上尚弥、パレナス、先行チケットが販売開始!

photo credit by:The Boxing Tribune

2015年12月29日、東京・有明コロシアムで行なわれるWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)と、同級ランキング1位のワルリト・パレナス(フィリピン)のチケットが、11月チケットぴあにて先行販売が開始された。先行チケットの販売期間は、11月2日から11月8日まで。チケット購入はこちらからどうぞ。

チケットの種別は以下のとおり、座席位置は大橋ジムのこちらに記載があるので参考にしてみてほしい。

座席位置 価格
SRS リングサイド 50,000円
アリーナRS席 30,000円
スタンドRS席 30,000円
スタンド 指定A席 20,000円
スタンド 指定B席 10,000円
スタンド 自由席 6,000円
Sponsor Link

対戦カード

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ 12回戦

井上尚弥 vs. ワルリト・パレナス

2016年、井上尚弥は米国に進出する話が具体化されており、2016年は国内での試合は見れなくなるとも言われている。米国デビューの先にあるのは、WBC世界フライ級王者・ローマン・ゴンサレスとのスーパーマッチだ。既に、HBO(米・ボクシング中継局)が、ゴンサレス、井上尚弥のスーパーマッチを計画している。米国での話題が先行しているが、先ずはパレナスをクリアする必要がある。

記事:井上尚弥、全米デビューへの第一歩を踏み出した

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ 12回戦

ハビエル・メンドサ(メキシコ) vs. 八重樫東

2014年末、八重樫東は、井上尚弥が返上し空位となったWBC世界ライトフライ級王座決定戦を、WBC世界ライトフライ級1位のペドロ・ゲバラ(メキシコ)と争い、7回KO負けし3階級制覇に失敗した。その後、2015年5月にソンセーンレック・ポスワンジム(タイ)とノンタイトル8回戦をし、2回TKO勝ちを収め再起戦に勝利している。メンドサを相手に、再度3階級制覇に挑む。

日本フェザー級タイトルマッチ 10回戦

細野悟 vs. 下田昭文

世界再挑戦戦を目指す2人が、日本フェザー級タイトルマッチで激突する。細野は世界戦を3度行いベルト奪取に失敗。下田昭文は、WBA世界王者になるも初防衛戦に失敗。その後のWBO地域タイトル奪取に失敗している。両者あとが無い試合。この試合の勝者が、世界挑戦への切符を手に入れるだろう。

記事:細野悟、下田昭文の日本フェザー級タイトルマッチが決定!

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ

井上拓真 vs. レネ・ダッケル

井上拓真は、プロ5戦目でOPBF王座を獲得。今回は、OPBFランキング1位の指名挑戦者レネ・ダッケル(フィリピン)を相手に防衛戦を行う。井上拓真をプロモートする大橋ジム・大橋会長は、「デビュー戦から強い相手としてか戦っていない。2016年は世界戦のチャンスをつくりたい」と2016年世界挑戦へ向けてのテストマッチとして位置付けた。

チケット購入はこちらからどうぞ。

関連記事:
井上尚弥、全米デビューへの第一歩を踏み出した

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です