IBF世界S・フライ級1位決定戦カシメロ対スルタンが決定!


photo by:boxingscene

 米・ボクシングシーンによると、IBF(国際ボクシング連盟)がIBF世界スーパーフライ級1位決定戦として、IBFスーパーフライ級3位のジョンリエル・カシメロ(フィリピン)/27戦24勝(15KO)3敗と、IBFスーパーフライ級8位のジョナス・スルタン(フィリピン)/16戦13勝(9KO)3敗の一戦を承認したことを明らかにしている。

 試合は2017年9月16日、フィリピン、セブ島にあるウォーターフロントセブシティ・ホテル&カジノで行なわれる計画となっている。同級2位のラウシー・ウォーレン(米)が、王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)へ挑戦するプランが浮上しているが、カシメロ対スルタンの勝者と挑戦者決定戦を行う公算が高そうだ。

Sponsor Link

 同日、興行のメーンイベントとしてIBF世界ライトフライ級タイトルマッチ、王者ミラン・メリンド(フィリピン)/37戦35勝(12KO)2敗対ヘッキー・ブドラー(南アフリカ共和国)/33戦31勝(10KO)2敗と初防衛戦を行うことが決まっている。興行はALAプロモーションズが主催する。

 カシメロは2016年9月10日、チャーリー・エドワーズ(英)と対戦しIBF世界フライ級初防衛に成功。その後、スーパーフライ級に階級をあげる為にIBF世界フライ級王座を返上している。

 いっぽう、ルスタンは2度来日し日本人との対戦経験をもつ。2017年5月7日にソニー・ボーイ・ハロ(フィリプン)と対戦し、IBFインターコンチネンタルスーパーフライ級の初防衛戦に成功している。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

関連記事はこちら

IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ、9月16日メリンド対ブドラーが決定!

元IBF世界ライトフライ級王者・八重樫東(大橋)からベルトを奪取したIBF世界ライトフライ級王者ミラン・メリンド(フィリピン)/37戦35勝(12KO)2敗は、故郷フィリピンで元WBA世界ミニマム級王者ヘッキー・ブドラー(南アフリカ共和国)/33戦31勝(10KO)2敗と初防衛戦を行うことが分かった。 …

元WBA王者ウォーレン、IBF王者アンカハスへ挑戦か?!

元WBA世界バンタム級スーパー王者ラウシー・ウォーレン(米)次戦、IBF世界スーパーフライ級王者・ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)への挑戦プランが浮上していることが分かった。IBF(国際ボクシング連盟)は公式に発表してないが、ウォーレン対アローヨの一戦がアンカハスへの挑戦者決定戦だという。 …


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です