WBO世界フェザー級王者バルデス、次戦セルバニャと3度目の防衛戦が決定!


photo by:The Ring

 米リング誌によると、トップランク(米・大手ボクシングプロオーター)がESPN(米・スポーツ専門チャンネル)と契約し4シリーズ目が中継されることが決まった。フェザー級、スーパーミドル級のダブル世界タイトルマッチが開催される。
 
 メキシカンのトップ・プロスペクト、トップランクが抱えるWBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)/22戦全勝19KOが2017年9月22日に米・アリゾナ州ツーソンにあるコンベンション・センターで、WBO同級4位のジェネシス・カシミ・セルバニャ(フィリピン)/29戦全勝12KOを相手に3度目の防衛戦を行うことが決まった。

 セルバニャは日本でも有名で、WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(大橋)のスパーリング・パートナーとしても知られ、生まれはフィリピンでキャリアはじめはフィリピンで試合を行っているが現在は日本を拠点として活動している。

 ラファエル・コンセプション、アレクサンデル・ムニョス、ヘナロ・ガルシアと名のある選手に勝利。日本のファンの方は冨山浩之介との試合が印象に残っているファンも多いだろう。

Sponsor Link

 同興行でWBO世界スーパーミドル級王者・ヒルベルト・ラミレス(メキシコ)/35戦全勝24KOが、WBO同級1位のジェシー・ハート(米)/22戦全勝18KOと2度目の防衛戦を行うことが決まっている。

 さらに、WBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)へ挑戦することが内定し、フラナガンの怪我で試合が中止となったWBOライト級1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)の出場が検討されている。

(Via:The Ring

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

続報、延期WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン対ベルデホ

怪我を負ったことが報じられたWBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)は怪我の回復に4週間〜6週間かかる見通しであることが分かった。フラナガンへ挑戦することが大筋合意していたWBO同級1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)は、暫定王座決定戦を行うよう要求している。 …

WBO世界Sフェザー級王者ロマチェンコ、マリアガに圧勝!

マッチメークに斬新さがなく関心の低かったWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)対ミゲル・マリアガ(コロンビア)の一戦は、大方の予想どおりロマチェンコ劇場で幕を閉じた。内容は言うまでもなくロマチェンコの圧勝。しかし、ロマチェンコがスターダムにのし上がるにはこの先のマッチメークは困難を極めそうだ。 …

Sponsor Link

WBC世界Sミドル級王座決定戦、ディレル対ベナビデス戦は中止に

米ボクシングシーンによると、2017年9月8日に計画されていたWBC世界スーパーミドル級王座決定戦、同級2位のアンソニー・ディレル(米)/ 31戦29勝(23KO)1敗1分対同級4位のデビッド・ベナビデス(米)/ 18戦全勝(17KO) の一戦が中止となることが分かった。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です