WBA、WBA世界フライ級王者井岡一翔とダラキアンとの指名戦を義務付けたことを発表!


photo by:WBA

 WBA(世界ボクシング協会)は1日、公式サイトを通じてWBA世界フライ級王者・井岡一翔(井岡)/23戦22勝(13KO)1敗と、WBA同級1位のアルチュム・ダラキアン(アルバイジャン)/15戦全勝11KO無敗と指名防衛戦を行うよう命じたことを発表した。

 両陣営には30日間の交渉期間が与えられ、交渉がまとまらない場合は興行権は入札、交渉期限は8月末となる。

 WBAの規定によると王者は指名戦の期限が9ヶ月と義務付けられている。井岡は2016年12月31日に、スタンプ・キャットニワット(タイ)との指名戦が最後。9月30日に満期となる。

Sponsor Link

 決まれば井岡一翔は、初の東欧圏のファイターとの戦いとなる。ダラキアンのプロ戦績は15戦全勝11KO無敗、2009年の世界選手権、2010年のヨーロッパ選手権に出場経験を持つトップアマ出身である。09年の世界選手権でアムナット・ルエンロエン(タイ)と戦い、初戦で敗退している。

 プロの主戦場はウクライナ、2015年7月にWBAの地域タイトルを獲得後は4度防衛し全てKO勝ちを収めている。まだ、ビッグネームらと拳を交えた経験はないが、ウクライナはアマチュアでもトップクラスのファイターが集う。

 WBO世界スーパーフェザー級王者・ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、WBO世界クルーザー級王者アレクサンデル・ウシク(ウクライナ)ら数多くの名チャンピオンが君臨している。

 映像を見たところダラキアンは、フィジカルが強くパワフル、井岡にとってフライ級ではレベコ以上の刺客かもしれない。実現すれば好試合が期待できそうだ。

(Via:WBA

Sponsor Link

井岡一翔の関連記事はこちら

井岡一翔、真のリスペクトを得られるだろうか

WBA世界フライ級チャンピオン井岡一翔、人気、実力を兼ね備えた国内で最も興行価値の高い選手だ。その評価は国内だけでなくアメリカで最も権威あるボクシング・メディア、リング誌でフライ級1位と認定され実力が認められている。 …

オススメ記事はこちら

IBF王者ジョシュアがクリチコに勝利、ヘビー級新時代が幕を開けた!

ヘビー級史に残る重要な一戦は、歴史に残る名勝負に  現地時間2017年4月29日、世界ヘビー級新時代が幕を開けた。この結果により、クリチコが長期政権を築き停滞気味だったヘビー級のトップ戦線が活発化。米英対決、ボクシングの枠を超えたスーパーマッチの期待が高まったことは間違いないだろう。 …

Sponsor Link

WBC王者マイキー次戦以降にWBA・WBC王者サーマン戦も検討

米・ボクシングシーンによると、WBC世界ライト級王者マイキー・ガルシア(米)が次戦以降、WBA・WBC世界ウェルター級王者キース・サーマン(米)との戦いに関心を示している。  ビッグネームらとの対戦を望むマイキー、現ライト級世界王者であるが、ファンにとってみれば、どこの階級で戦っているのか分からないほどである。 …


マイキー・ガルシア、WBC世界スーパーライト級ダイヤモンド王座を獲得!

トップランクとの契約問題で、2年半に渡りリングから遠ざかっていたマイキー・ガルシア(米)、復帰3戦目にして話題を呼んだエイドリアン・ブローナー(米)とのビッグマッチは、マイキーがスキルの差を見せつけ圧勝した。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です