マイキー・ガルシア対エイドリアン・ブローナー好視聴件数を記録!


photo by:boxingscene

 マイキー・ガルシア(米)対エイドリアン・ブローナー(米)、今夏、米・東海岸で最も注目されていたカードだろう。2017年、Showtime(米)が中継したボクシング・イベントで、最も高い視聴件数を記録。ニールセン・メディアリサーチによると、ピークタイム、93万7000件、平均88万1000件に到達したことが分かった。

 この視聴件数は2017年Showtimeが中継したボクシング・イベントで最も高く、2015年1月にWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者バーメイン・ステイバーン(カナダ)対デオンテイ・ワイルダー(米)戦で記録したピークタイム134万件、平均124万件の次点となる高視聴件数となっている。

 アンダーカードで行われたWBC世界ミドル級挑戦者決定戦、同級1位セバスチャン・ヘイランド(アルゼンチン)対ジャーモール・チャーロ(米)の一戦は、ピークタイム54万2000件、平均50万件を記録している。

Sponsor Link

 次世代のPPVスターと呼ばれるマイキーだけあり、この数値はファンの期待値が反映されていることは間違いない。今夏Showtimeが推すボクシング・イベントは大成功を収めたと言えるだろう。もちろん”プロブレム”の異名をもつエイドリアン・ブローナーの知名度、影響力も無視できない。

 しかし、残念なことにチケットが、$950, $750, $350, $300, $250, $150, $75, $50と高額だった。それでも、バークレイズ・センターの当日の観衆は、1万2084人を記録。

 やはり、注目度の高い一戦であったことは間違いない。当日、値下げされただけに、価格が適正であれば観衆はさらに動員できたはずである。

 米国現地時間2017年7月29日、ニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで、マイキー・ガルシア(米)が、エイドリアン・ブローナー(米)とWBC世界スーパーライト級ダイヤモンド王座決定戦を行い、マイキーが12回3−0(117-111, 2者116-112)の判定勝ちを収めている。

Sponsor Link

 アンダーカードで行われた、WBC世界ミドル級挑戦者決定戦は、チャーロが4回TKO勝ちを収めWBC世界ミドル級王座への挑戦権を獲得。9月16日に行なわれるゴロフキン対カネロの勝者への挑戦権を獲得している。

 トップランクとの契約問題で2年以上リングを離れていたマイキー、復帰3戦目にしてヘイモン傘下でもトップクラスのVIP待遇だ。この試合で100万ドル(約1億1000万円)の最低報酬が確約され、更にボーナスが用意されているという。関係者からの期待値も高いのだろう。

 自身の商品価値を最大化しビッグネームらとのビッグマッチを求めるマイキー、結果として大物アドバイザーであるアル・ヘイモン氏と契約したことが功を奏した。商品価値で言えばライト級、スーパーライト級でナンバーワンと言っても過言ではない。それだけにファン、関係者の間での最大の関心は、マイキーの次戦の相手だろう。

 WBA世界ライト級王者・ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)、WBO世界スーパーフェザー級王者・ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、WBC・WBO世界スーパーライト級テレンス・クロフォード(米)、の名前が挙がっている。しかし、TV局、プロモーター間の壁は厚く、お互いが歩み寄らなければ実現は難しい。何れにしてもマイキーがこの階級周辺の台風の目であることは間違いない。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

マイキーの関連記事はこちら

マイキー・ガルシア次戦ロマチェンコとの対戦に関心を示した

エイドリアン・ブローナー(米)に勝ちスーパーライト級でトップレベルのファイターであることを証明したマイキー・ガルシア(米)。商品価値は中量級では、WBA・WBC世界ウェルター級王者キース・サーマン(米)に迫る勢いVIP待遇であることは間違いない。マイキーは復帰3戦目にして100万ドル(約1億1000万円)の報酬を手にしている。 …

マイキー・ガルシア、WBC世界スーパーライト級ダイヤモンド王座を獲得!

トップランクとの契約問題で、2年半に渡りリングから遠ざかっていたマイキー・ガルシア(米)、復帰3戦目にして話題を呼んだエイドリアン・ブローナー(米)とのビッグマッチは、マイキーがスキルの差を見せつけ圧勝した。 …

Sponsor Link

WBA王者ホルヘ・リナレス近い将来スーパーライト級に階級アップか?!

WBA同級1位のルーク・キャンベル(英)と指名防衛戦が正式に決まったWBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)、現在はロンドンでトレーニング中、噂されるライト級でのマイキー・ガルシア(米)とのビッグマッチについてSkySports(英国衛星放送局)のインタビューで、マイキーがスーパーライト級に残るのではないかという見解を示した。さらに近い将来にスーパーライト級に階級を上げることを示…

WBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス次戦9月23日ルーク・キャンベルと対戦することが合意

米・ボクシングシーンによると、WBA(世界ボクシング協会)が指令していたWBA世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)と、WBA同級1位のルーク・キャンベル(英)/18戦17勝(14KO)1敗の交渉が合意したことが分かった。近く、正式発表される見通し。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です