WBC世界ヘビー級王者ワイルダー対オルティス、シリーズ


photo by:boxingscene

 基本合意と報じられていた実現すれば2017年後半、注目のビッグカード、WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)/38戦全勝37KO対ルイス・オルティス(キューバ)/29戦27勝(23KO)2無効試合の一戦について、米・ボクシングシーンは、ワイルダーのマネージャーを務めるジェイ・ディーズ氏が、オルティス戦に高い関心を示していると報じている。

 ジェイ・ディーズ氏によると、WBC世界へビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)の次戦の最有力候補としてルイス・オルティスが浮上。すでにワイルダーがオルティスと戦う準備ができていることを明かしている。

 「オルティスと戦うことに懸念はないよ。ベストであるために、ベストと戦わなければならない。我々はそれに従事しようとしている。多くの人がデオンテイと戦わない理由をつくる。さらにオルティスと戦わない理由をつくるよね。

Sponsor Link

 我々は、最も避けられているファイターだ。この2人が戦うことは実に理に適っている。この戦いは世界のボクシング界ヘビー級で大きな戦いだよ」。と述べている。

 オルティスは2017年3月にワイルダーのアドバイザーを務めるアル・ヘイモン氏と契約。対戦実現に向けハードルは少ない。しかし、WBC(世界ボクシング評議会)はワイルダーに対し、WBC同級1位のバーメイン・ステイバーン(カナダ)との対戦を義務付け、これがオルティス戦実現へ向けてのハードルとなっている。

 アル・ヘイモン氏とステイバーンをプロモートするドン・キング氏の間でヘイモン氏が待機料を支払うことで、指名戦を延期することが合意したと報じられていたが、ワイルダー陣営はこの問題についてまだ対処中であることを明かしている。

 試合は、米国現地時間11月4日、ニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで開催することを目標に交渉が進められている。WBA・IBF世界ヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(英)の次戦が間もなく発表の噂もあり、今年後半のカードもそろそろ決まってきそうだ。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

ワイルダー対オルティスの関連記事はこちら

WBC世界ヘビー級王者ワイルダー次戦11月にルイス・オルティス戦が基本合意!

実現すれば2017年後半のヘビー級戦線の注目カードとなるだろう。もちろん、テクニックもあるがパワーでねじ伏せている感があるWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)/38戦全勝37KO、の対戦相手として技巧派ルイス・オルティス(キューバ)の一戦は興味深い戦いになりそうだ。 …

逮捕!WBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダーがマリファナ所持で逮捕

WBC世界ヘビー級王者・デオンテイ・ワイルダー(米)が現地時間14日、米・アラバマ州にある地元ラスカルーサで、マリファナの所持で逮捕されたことが分かった。ワイルダーは保釈金1000ドル(約11万円)を支払い釈放されている。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

WBA・IBF王者ジョシュア対クリチコ再戦はPPVか?!

米・リング誌は関係者の話から、米国進出の期待がかかるWBA・IBF世界ヘビー級統一王者・アンソニー・ジョシュア(英)対ウラディミール・クリチコ(ウクライナ)の再戦は米国のプレミア・ケーブルTV局がバックアップする見通しであると報じている。再戦はまだ合意に至っていない。 …

マイキー・ガルシア、WBC世界スーパーライト級ダイヤモンド王座を獲得!

トップランクとの契約問題で、2年半に渡りリングから遠ざかっていたマイキー・ガルシア(米)、復帰3戦目にして話題を呼んだエイドリアン・ブローナー(米)とのビッグマッチは、マイキーがスキルの差を見せつけ圧勝した。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です