続報、延期WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン対ベルデホ


photo by:boxingscene

 怪我を負ったことが報じられたWBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)は怪我の回復に4週間〜6週間かかる見通しであることが分かった。フラナガンへ挑戦することが大筋合意していたWBO同級1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)は、暫定王座決定戦を行うよう要求している。

 フラナガン陣営は医療診断書をWBO(世界ボクシング機構)に提出。診断書によると、左足の膝窩筋を負傷、回復には最低でも4週間ー6週間を要するという。さらに、フラナガンは腰部にも不快感があり、担当主治医はMRI検査するよう進めているという。これにより、フラナガンは2ヶ月の間は防衛戦を行えいないことになる。

 WBOパコ・バルカルセル会長は、フラナガンが防衛戦を行えないが、暫定王座を設置するか否かはフラナガン陣営からのMRI検査、回復までの診断結果を待ち決断する方針を示している。

Sponsor Link

 WBOパコ・バルカルセル会長は「我々は、彼らが提出した診断書だけでは決断をくだすことはできない。より詳細な情報が必要だ」。と述べている。
 
 ベルデホ陣営はフラガンが怪我のため防衛戦を行えないことを受け、9月にベルデホの試合を行うことを望んでいる。

 ベルデホ陣営は「カール・モレッテイ(トップランク社の副社長)から、フラナガンが6週間戦えないことの通知を受けた。我々は9月に試合を行う方針だ。まだ、WBOの決断を下すか待つ必要がある」。と述べている。

 フラナガン対ベルデホは、2017年9月16日に英ロンドンにあるカッパー・ボックス・アリーナで開催することで基本合意していたが、正式発表前にフラナガンが足を負傷。試合が延期となっている。今後、ベルデホ陣営はこの問題について数日内で話しを進める方針であることを明かしている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

こちらのフラナガン対ベルデホの関連記事も見たい

延期!WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン対ベルデホが延期に

ESPN(米・ボクシング専門メディア)によれば、2017年9月16日に英ロンドンにあるカッパー・ボックス・アリーナで開催することで基本合意したWBO世界ライト級タイトルマッチ、王者テリー・フラナガン(英)対WBO同級1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)の一戦が延期となる見通しであることが分かった。  トップランク(米・大手ボクシングプロモーター) …

WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン対ベルデホが合意!

ESPN(米・スポーツ専門メディア)によると、トップランク(米・大手ボクシングプロモーター) 副社長カール・モレッティ氏は、交渉が進められていたWBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)/ 33戦全勝13KOと、WBO同級ランキング1位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)/ 23戦全勝15KO …

Sponsor Link

WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン、ベルデホの交渉は難航

米・ボクシングシーンによると、最終合意に向けられ交渉が進められていたWBO世界ライト級王者・テリー・フラナガン(英)/33戦33勝(13KO)と、WBO同級ランキング1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)/23戦23勝(15KO)の一戦が報酬面で交渉が難航していることが分かった。 …

WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン、ベルデホの開催日程は9月16日が濃厚

米・ボクシングシーンによると、合意が待たれているWBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)/ 33戦33勝(13KO)と、WBO同級ランキング1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)/ 23戦23勝(15KO) の一戦が2017年9月16日に英国で開催される見通しであることが分かった。 …

Sponsor Link

WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン、ベルデホが大筋合意!

交渉が進められているWBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)/33戦33勝(13KO)と、WBO同級ランキング1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)/23戦23勝(15KO)の一戦が合意間近であることが分かった。WBO(世界ボクシング機構)パコ・バルカルセル会長が、大筋合意していることを明らかにした。 …

マルケス復帰戦、ベルデホWBO王者フラナガンへの挑戦を表明、今日気になった世界のボクシングニュース

今日気になった、マルケスの復帰戦、ベルデホの世界挑戦のニュースをお届けする。  4階級制覇王者ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が、2017年6月24日に復帰戦を検討していることを、マルケスのトレーナーを務めるナチョ・ベリスタイン氏が明らかにした。 …

オススメ記事はこちら

ドネア、敏腕プロモーターのシェイファー率いるリングスター・スポーツと新たに契約!

元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)/41戦37勝(24KO)4敗が、元GBP敏腕プロモーターのリチャード・シェイファー氏が新たに設立した”リングスター・スポーツ”と契約したことが分かった。日本でトレーニングしているドネアは9月にも再起戦を予定しているという。 …

WBA・IBF王者ジョシュア対クリチコ11月11日ラスベガスで再戦か?!

英国ボクシング界の若きカリスマA.Jことアンソニー・ジョシュア、米国初上陸となるだろうか。米・ボクシングシーンによると、WBA・IBF世界ヘビー級タイトルマッチ、王者・アンソニー・ジョシュア(英)とウラディミール・クリチコ(ウクライナ)の再戦交渉が進められ、クリチコが再戦に同意する見通しだという。  ジョシュアをプロモートするマッチルーム・プロモーションズ エディ・ハーン氏は、Sky …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です