WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン対ベルデホが合意!


photo by:boxingscene

 ESPN(米・スポーツ専門メディア)によると、トップランク(米・大手ボクシングプロモーター) 副社長カール・モレッティ氏は、交渉が進められていたWBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)/33戦全勝13KOと、WBO同級ランキング1位フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)/23戦全勝15KOの一戦が合意に至ったことを発表。2017年9月16日にロンドンにあるカッパー・ボックス・アリーナで開催される。

 交渉はベルデホ陣営が掲示された報酬額が低かったことから、実現が危惧されていた。ベルデホをプロモートするトップランクは、フランク・ウォーレン氏が報酬をどう分配するか不安視していた。モレッティ氏は報酬面の問題はクリアし、契約締結に至ったことを明らかにしている。

 当初、ベルデホに掲示された金額は17万5000ドル(約1966万円)。ベルデホ陣営は4500万ドル(約5113万円)を要求。再度フラナガンジ陣営と報酬金額について交渉する方針であることを明かしていた。

 同興行のメーンカードは、WBO世界ミドル級王者・ビリー・ジョー・ソーンダース(英)が防衛戦を行うことが決まっている。対戦候補にWBO同級ランキング5位ウィリー・モンローJr.(米)が浮上している。

Sponsor Link

 フェリッククス・ベルデホは「世界タイトルマッチが決まって本当に嬉しいよ。満足している。問題は何もないよ世界タイトルマッチに向けて準備するだけだ。

 イングランドに行くのは2012年のロンドン五輪以来だよ。ここから全てがはじまったんだ。ようやく、世界チャンピオンになるという夢が実現するよ」。と述べている。

 今や、英国ボクシング界はバブル絶頂期。トップランクはベルデホが王座を奪取することについて自信をもっているという。カール・モレッティ氏は「我々はベルデホに勝算がなければ、この提案をしなかっただろうね。

 フェリックスは、真のチャンピオンと向き合うことを望み、空位の王座決定戦で王座を獲得することを望んでいなかった。

 フラナガンはとても堅実なチャンピオンだ。9月16日にプエルトリコに新たな世界チャンピオンが誕生するだろう」。と述べている。

 ベルデホは米カリフォルニア州ビッグベアーでゴロフキンのトレーナーで知られるアベル・サンチェス氏とトレーニング・キャンプを行う予定となっている。

(Via:ESPN

Sponsor Link

フラナガン対ベルデホの関連記事はこちら

WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン、ベルデホの交渉は難航

米・ボクシングシーンによると、最終合意に向けられ交渉が進められていたWBO世界ライト級王者・テリー・フラナガン(英)/33戦33勝(13KO)と、WBO同級ランキング1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)/23戦23勝(15KO)の一戦が報酬面で交渉が難航していることが分かった。 …

WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン、ベルデホの開催日程は9月16日が濃厚

米・ボクシングシーンによると、合意が待たれているWBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)/ 33戦33勝(13KO)と、WBO同級ランキング1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)/ 23戦23勝(15KO) の一戦が2017年9月16日に英国で開催される見通しであることが分かった。 …

Sponsor Link

WBO世界ライト級タイトルマッチ、フラナガン、ベルデホが大筋合意!

交渉が進められているWBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)/33戦33勝(13KO)と、WBO同級ランキング1位のフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)/23戦23勝(15KO)の一戦が合意間近であることが分かった。WBO(世界ボクシング機構)パコ・バルカルセル会長が、大筋合意していることを明らかにした。 …

Sponsor Link

マルケス復帰戦、ベルデホWBO王者フラナガンへの挑戦を表明、今日気になった世界のボクシングニュース

今日気になった、マルケスの復帰戦、ベルデホの世界挑戦のニュースをお届けする。  4階級制覇王者ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が、2017年6月24日に復帰戦を検討していることを、マルケスのトレーナーを務めるナチョ・ベリスタイン氏が明らかにした。 …

オススメ記事はこちら

WBO世界ミドル級王者ソーンダース、次戦ウィリー・モンローJr.が相手か?!

米・リング誌によれば、匿名のリーク情報によると、WBO世界ミドル級王者ビリー・ジョー・ソーンダース(英)/ 24戦全勝14KOが、WBO同級ランキング5位のウィリー・モンローJr.(米)/ 23戦21勝2敗(1KO) との対戦に同意したと報じている。 …

WBA、WBA王者サンタ・クルス対マレス戦の入札期日を設置!

交渉が進められているWBA世界フェザー級スーパー王者・レオ・サンタ・クルス(メキシコ)/35戦33勝(18KO)1敗1分とWBA同級正規王者アブネル・マレス(メキシコ)/33戦33勝(15KO)2敗(1KO)の再戦交渉が難航していることが分かった。これをうけWBAは入札の期日を設置することを発表した。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です