リゴンドー、フローレス戦ノーコンテストとなりWBA再戦を指令か?!


photo by:boxingscene

 WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、2017年6月17日に米・ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイベイ・イベンツ・センターで開催されたスーパー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)対WBA同級1位モイセス・フローレス(メキシコ)の勝敗がノーコンテストとなる見通しであることが分かった。

 1回終了間際、両者が接近する中、ゴングと同時にレフェリーが割って入る時に、リゴンドーの放ったパンチがフローレスの顎にヒット。フローレスがダウンしカウントアウトされた。試合後10分間に渡り関係者らの間で協議された結果、NSAC(ネバタ州アスレチック・コミッション)はリゴンドーの1回KO勝利の裁定を下した。

 NSACボブ・ベネット会長は18日の朝に再び映像を検証。リゴンドーのパンチはゴング後に放たれフローレスにヒットしたものだと検証結果をレポート。NSACは、この問題を早期に解決するために、現地時間23日に聴聞会を開催する見通しであると発表している。

Sponsor Link

 ネバタ州アスレチック・コミッション(NSAC)は、ドラクリッチ・レフェリーら関係者と映像を検証。ドラクリッチ主審はリゴンドーが頭を抱え込みパンチを放っていたので、やめるように近づいたと説明している。

 NSAC、関係者らはスーパー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)のパンチはラウンド内に放たれたもので、その際にリゴンドーはフローレスの頭を押さえていなかったとを確認。このパンチを有効打とし判断し、リゴンドーの1回KOの裁定を下していた。

 NSACが、この試合をノーコンテストとして決定すれば、WBA(世界ボクシング協会)は再戦を命じる公算が高い。

 モイセス・フローレスはこの試合でプロ初黒星を喫しているが、ノーコンテストになれば無敗のまま。プロ戦績は27戦25勝(17KO)1無効試合となる。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

山中慎介、ルイス・ネリーの観戦チケットの発売が開始!

2017年8月15日、京都にある島津アリーナ京都で行なわれる「ワールド・プレミアム・ボクシング26」WBC世界バンタム級タイトルマッチ、山中慎介(帝拳)対WBC同級1位ルイス・ネリー(メキシコ)/23戦全勝(17KO)の観戦チケットがチケットぴあより販売が開始された。チケット購入は こちら から。 …

村田諒太、WBO王者ソーンダースと対戦交渉か?!

アッサン・エンダム(フランス)との試合が「疑惑の判定」と言われ一躍ミドル級で、時の人となったロンドン五輪ミドル級金メダリスト村田諒太(帝拳)の対戦相手にWBO世界ミドル級王者・ビリー・ジョー・ソーンダース(英)が浮上した。日本開催がのぞまれるが、英国開催、他のオプション、各国の思惑もあるなか、今後の交渉の行方に注目が集まることは間違いない。 …

Sponsor Link

速報!井上尚弥、9月9日米国デビューすることが正式に決定!相手はアントニオ・ニエベス

遂に、”モンスター”が世界的なボクシングの”メッカ”米国に上陸することが正式に決まった。本場ボクシングファンを震撼させることは間違いない。K2プロモーションズは2017年9月9日に、米・カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)/ 13戦全勝(11KO)がアントニオ・ニエベス(米)/ 20戦17勝(9KO)1敗2分 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です