山中慎介、ルイス・ネリーの観戦チケットの発売が開始!


image soure to:The Ring

 2017年8月15日、京都にある島津アリーナ京都で行なわれる「ワールド・プレミアム・ボクシング26」WBC世界バンタム級タイトルマッチ、山中慎介(帝拳)対WBC同級1位ルイス・ネリー(メキシコ)/23戦全勝(17KO)の観戦チケットがチケットぴあより販売が開始された。チケット購入はこちらから。

 イベント開始時間、メーンカード以外のアンダーカードは未定となっている。チケット券種は以下のとおり。

券種 値段
リングサイドA 30,000円
リングサイドB 20,000円
指定席A 20,000円
指定席B 10,000円
指定席C 6,000円

チケット購入はこちらから。

 山中対ネリーの中継は日本だけでなくアステカTVがメキシコ向けに配信、beIN Sportsが米国向けへ配信する見通しとなっている。

Sponsor Link

 山中は、同級1位の最強の挑戦者ルイス・ネリー(メキシコ)/23戦全勝(17KO)を迎える。山中が勝てば具志堅用高のもつ世界戦13度連続防衛の最多記録にならぶことになる。好適選手同士の対決は年間最高試合となっても不思議ではない。山中にとって厳しい試合になるだろう。

 ルイス・ネリーはメキシカンだがファイト・スタイルはアメリカの黒人選手のようだ。スタイルはL字ガードを基点として、ボディワーク、スウェー、ダッキング、複合型ディフェンスを駆使しパンチを外すのも上手い。ただ、ディフェンスは鉄壁とはいえず貰うシーンも少なくない。

 山中の左が当たれば間違いなく勝算はある。しかし、最近の山中はディフェンスがお世辞にも上手いとは言えず危うい。ネリーに付き合えばキャリア最大のピンチに陥ることも想像できる。ネリーはまだ22歳と若く母国メキシコでの期待値も高い。直近の試合は放棄を除き大半がTKOで仕留めている。勢いに乗ってるネリーは間違いなく危険な相手だろう。

Sponsor Link

 山中が実力では遥か上であることは明らかだった3月2日に行われたカルロス・カールソン(メキシコ)との防衛戦でも不用意にパンチを貰うシーンは多かった。2016年9月に行われたモレノとの再戦は、結果として年間最高試合となったがディフェンスに難があることは明白である。

 勿論、KOを狙えばそれだけリスクは高まることは事実である。山中の最大のアドバンテージはパンチがあることだ。それに加え山中はピンチに陥っても形勢逆転できる殺傷能力の高いパンチを放つことができリカバリー能力も高い。それを支える高水準のメンタルを持っていることは証明ずみである。
 
 しかし、最近の試合では不用意にパンチを貰いいつ倒されてもおかしくない状況にある。ネリーとの一戦はどちらかが倒されるショッキングな結果となりそうだ。

チケット購入はこちらから。

Sponsor Link

山中、ネリーの関連記事はこちら

山中慎介、次戦8月15日ルイス・ネリーと防衛戦を行うことが正式に決定!

帝拳プロモーションズは7日、東京都内にあるジムで記者会見し、WBC世界バンタム級チャンピオン山中慎介(帝拳)が2017年8月15日、京都にある島津アリーナ京都で、同級1位のルイス・ネリー(メキシコ)/23戦全勝(17KO)を相手に13度目の防衛戦を行うことを正式に発表した。 …

山中慎介、ネリー戦はメキシコ、米国に配信される見通し

2017年8月15日、京都にある島津アリーナ京都で行われるWBC世界バンタム級タイトルマッチ、王者・山中慎介(帝拳)、対、WBC同級1位ルイス・ネリーの指名防衛戦が、アステカTV(メキシコのTV局)、beIN Sports Espanolで放送されることが明らかとなった。  アステカTVは「Box Azteca」でメキシコ向けに配信、beIN Sports …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です