速報!井上尚弥、9月9日米国デビューすることが正式に決定!相手はアントニオ・ニエベス


photo by:boxingscene

 遂に、”モンスター”が世界的なボクシングの”メッカ”米国に上陸することが正式に決まった。本場ボクシングファンを震撼させることは間違いない。K2プロモーションズは2017年9月9日に、米・カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)/13戦全勝(11KO)がアントニオ・ニエベス(米)/20戦17勝(9KO)1敗2分を相手に6度目の防衛戦を行うことを発表した。

 井上尚弥の防衛戦は、WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ、シーサケット対ゴンサレスのセミ・ファイナルで行なわれる。イベントは、スーパーフライ級トップクラスの5人のファイターが集結。

 スーパーフライ級事実上のトーナメントを含むトリプル・ヘッダーで開催され、HBO(米・最大手ケーブルTV局)の「ボクシング・アフター・ダーク」シリーズとして世界へ配信。現時点で会場は未定だが、米ロサンゼルス近郊エリアで開催する見通しとなっている。
 
 メーンイベントは、WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ、王者・シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)/48戦43勝(39KO)4敗(2KO)対元WBC世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)/47戦46勝(38KO)1敗の再戦が行なわれる。

Sponsor Link

 オープニング・バウトとして、WBCスーパーフライ級2位カルロス・クアドラス(メキシコ)/38戦36勝(27KO)1敗1分対同級3位ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)/37戦35勝(25KO)2敗の一戦が行なわれる。尚、この勝者はシーサケット対ゴンサレスの勝者と対戦することが義務付けられる。

 興行を主催するK2プロモーションズ トム・ローフラー氏は「スーパーフライ級の世界でトップ5のファイターが集結するトリプルヘッダーのイベントを開催することができ興奮しています。

 ダブル世界タイトルマッチに加え、挑戦者決定戦を含む3試合が6人の素晴らしいファイターの間で開催される。ファンはこのイベントの真の勝者になるだろう」。と述べている。

 井上尚弥の対戦相手は、マックジョー・アローヨ(プエルトリコ)が候補として挙げられていたが、アントニオ・ニエベス(米)と防衛戦が行なわれることが決まった。アローヨ兄弟の名が挙がっていただけにファンの間でビッグネームでないことを残念がる声も少なくない。しかし、米国デビュー戦で対戦相手はそれほど重要ではない。

 ニエベスは米国では殆ど無名。元NABOバンタム級王者で、WBOバンタム級7位にランクしている。戦績の1敗は判定負け、KO負けこそ無いがキャリアで実力者と拳を合わせたことはない。

 しかし、対戦相手が誰であるかより、井上がこの大舞台でアメリカの本場ファンの度肝を抜くインパクトの強い勝ち方ができるかが重要。この舞台は、決して井上尚弥の顔見せ的なイベントではない。

 軽量級トップ5のファイターが集結、スーパーフライ級の事実上のトーナメント、準決勝を決める大舞台である。プロモーターは後の軽量級メガファイト、対ロマゴンのシナリオも描いていることは言うまでもない。

 たとえ、ここでゴンサレスが敗戦し軽量級メガファイトが消滅したとしても、今後、北米で軽量級のスター候補として躍進していくことは間違いないだろう。

詳しい戦績はboxrec.comで参照することができる。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

井上尚弥の関連記事はこちら

井上尚弥、ロマゴンとの軽量級史上最大のメガファイト実現に意欲!

9月に米国で共演を果たすパウンド・フォー・パウンド上位の両者、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)と、4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が19日に、都内で記者会見に臨み、近い将来に軽量級史上最大のメガファイトを実現させたい意向であることを示した。井上尚弥の試合はフジテレビ系で放送される予定となっている。 …

井上尚弥、米国デビュー戦の相手としてマックジョー・アローヨが浮上

WBO世界スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥(大橋)の対戦候補に、元IBF世界スーパーフライ級チャンピオン・マクジョー・アローヨ(プエルトリコ)/ 18戦17勝(8KO)1敗 が浮上した。米・ロサンゼルス・タイムズは、井上尚弥の米国デビュー戦の対戦相手として、マックジョー・アローヨを挙げている。 …

井上尚弥、ロマゴンの共演は9月9日米・ロサンゼルスが濃厚!

2017年9月アメリカで軽量級トップを争う事実上のトーナメントが開催される公算が高い。トーナメントには米国デビューが噂されるスーパーフライ級のボス”モンスター”の名が浮上。この結果が今後の軽量級ドリームマッチの行方の鍵を握ることは間違いないだろう。 …

in44y

元WBA・WBO世界フライ級統一王者・ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)は、自身が4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)、元WBC世界スーパーフライ級王者・カルロス・クアドラス(メキシコ)より優れていることに自信をもっているという。 …

Sponsor Link

井上尚弥、ロマゴンの共演は9月9日米・ロサンゼルスが濃厚!

2017年9月アメリカで軽量級トップを争う事実上のトーナメントが開催される公算が高い。トーナメントには米国デビューが噂されるスーパーフライ級のボス”モンスター”の名が浮上。この結果が今後の軽量級ドリームマッチの行方の鍵を握ることは間違いないだろう。 …

ロマゴン、シーサケットに破れ王座から陥落、長期政権が崩壊し向かう先は?!

世界中のボクシングファンにショックが襲った。こんな結果になると予想していたファン、関係者は少ないだろう。スーパーフライ級に転向し、以前より持ち前のパワー、フィジカルが通用しなくなったとはいえ、多くのファン、関係者がパウンド・フォー・パウンド(PFP)最高位に君臨していたローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の勝利を確信していたに違いない。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です