田口良一、京口ダブル世界戦が7月23日に行なわれることが正式に決定!


photo by:WBA

 ワタナベボクシングジムは14日、東京、文京区にある後楽園飯店で記者会見し、2017年7月23日に東京・大田区総合体育館でダブル世界タイトルマッチを開催することを発表した。WBA世界ライトフライ級王者・田口良一(ワタナベ)の6度目の防衛戦、OPBFミニマム級王者・京口紘人(ワタナベ)が世界初挑戦する。

 WBA世界ライトフライ級王者・田口良一/29戦25勝(11KO)2敗2分は、WBA同級1位、指名挑戦者のロベルト・バレラ(コロンビア)/19戦18勝12KO1敗を相手に6度目の防衛戦を行う。WBA(世界ボクシング協会)は5月26日、田口、バレラの両陣営に対戦を指令。交渉を開始するよう通達していた。

 京口紘人/7戦全勝(6KO)はプロ8戦目にして、IBF世界ミニマム級王者・ホセ・アルグメド(メキシコ)/24戦20勝(12KO)3敗1分へ挑戦する。ホセ・アルグメドは4度目の王座防衛戦となる。アンダーカードには、2017年10月に香港でレックス・ツォ(中国)と対戦することが内定している河野公平(ワタナベ)の出場も内定している。

Sponsor Link

 田口と対戦するロベルト・バレラの1敗は、2015年10月10日、田口が2016年末に対戦したカルロス・カニサレス(ベネズエラ)に判定負けしたもの。これがプロで唯一の黒星となっている。

 このイベントのメーンは、京口紘人の世界初挑戦となるという。田口良一はこの指名戦をクリアすれば、年末にWBO世界ライトフライ級王者・田中恒成と王座統一戦が噂され、ファンの間でも統一戦実現の期待感は高まっている。京口をメーンに起用したのは、年末の初防衛戦に向けてのピーアルのためだろう。

 年末に、田口、田中の統一戦を実現するためにはTV局が障害となる。恐らく、田口が初防衛戦をクリアすれば、年末にTBSへ一時的に田口をレンタルする方針なのだろう。勿論、年末に京口をメーンに抜擢し、興行することは厳しいことに違いないが、TV局は田口良一の防衛戦後のマッチメークを見据えていることは間違いない。

(Via:スポニチ

Sponsor Link

こちらの関連記事もみたい

WBA王者・田口良一、次戦はWBAの指名防衛戦に

WBA(世界ボクシング協会)は26日、WBA世界ライトフライ級チャンピオン田口良一(ワタナベ)/ 29戦25勝(11KO)2敗2分と、WBA同級1位ロベルト・バレラ(コロンビア)/ 19戦18勝12KO1敗 の両陣営に対し指名戦を行うよう指令した。 …

河野公平、次戦10月レックス・ツォと対戦することが決定!

ワタナベジムは29日、都内で記者会見し所属する元WBA世界スーパーフライ級チャンピオン河野公平が、2017年10月7日に香港でWBOスーパーフライ級1位レックス・ツォ(中国)と対戦することを発表した。河野は挑戦者決定戦まえに、7月にも国内で再起戦を行う見通し。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

ロマゴン、シーサケット戦の交渉のため来日!

4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が9日、2017年9月に計画されているWBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)との再戦交渉のため来日した。10日には、帝拳ジムでジムワークを開始し汗を流している。  ゴンサレスは、プロモートする帝拳プロモーションズ 本田会長とシーサケットとの再戦交渉する予定となっている。 …

メイウェザー、マクレガー8月26日にMGMグランドガーデン開催か?!

無敗のまま5階級制覇を成し遂げ引退したあの男の復帰戦が現実味を帯びてきた。交渉が進められているコナー・マクレガー(アイルランド)との交渉が大詰めをむかえているという噂が広まっている。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です