WBC世界ミドル級挑戦者決定戦、チャーロ、ヘイランドが7月29日に調整中


photo by:boxingscene

 ジャーモール・チャーロ(米)/25戦全勝19KOのミドル級デビュー戦が、2017年7月29日米・ニューヨークで計画されていることが分かった。WBC世界ミドル級挑戦者決定戦が、WBC同級1位のセバスチャン・ヘイランド(アルゼンチン)34戦28勝(15KO)4敗2分と、同級2位のジャーモール・チャーロで争われることになっている。

 米・ボクシング専門メディア・リング誌へ伝えた匿名の関係者によると、2017年7月29日に米で行われる3階級制覇王者マイキー・ガルシア(米)、対、4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米)のアンダーカードで交渉が進められている。

 会場は決まってないが、ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで開催。Showtime(米・大手ケーブルTV局)で中継される見通しとなっている。

Sponsor Link

 WBC(世界ボクシング評議会)は、WBC世界ミドル級挑戦者決定戦として同級1位セバスチャン・ヘイランドと、同級2位のジャーモール・チャーロの両陣営に対戦をするよう指令。交渉を開始するよう通達していた。

 勝者は9月16日、米・ネバタ州ラスベガスにある「T-Mobileアリーナ」で行われるWBA・WBC・IBF世界ミドル級タイトルマッチ、ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、対、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)の勝者へのWBC王座挑戦権を獲得することになる。
 
 ジャーモール・チャーロは、減量苦、ビッグマッチの実現が難しいことを理由に保持していたIBF世界スーパーウェルター級王座を返上。ミドル級で、カネロ、ミゲール・コットらとのビックマッチを希望している。

 チャーロは同門で親友のWBA世界スーパーウェルター級王者エリスランディ・ララ(キューバ)、弟のWBC世界スーパーウェルター級王者ジャーメル・チャーロと戦う意向がないと明言していた。

 9月16日に行われる、ゴロフキン、カネロの決戦次第でチャーロ、ヘイランドの勝者がWBC世界ミドル級正規王者へ昇格する公算が高い。ゴロフキンはカネロに勝利し再戦条項が行使されなかった場合、王座を返上しスーパーミドル級へ階級を上げることを示唆している。

Sponsor Link

ゴロフキン、カネロ戦のWBC王座の行方

 カネロはWBCに対し敵意を露わにしている。カネロはゴロフキンとの統一戦の王座は「WBA、IBF、IBOのみだ」と強調。WBCの承認料を払わない姿勢を示している。これは、つまりカネロに対しゴロフキンとの王座統一戦はWBCの王座が懸けられない可能性がある。

 一方、ゴロフキン陣営はカネロとの再戦が行われない場合、スーパーミドル級へ階級をあげることを示唆。つまり、ゴロフキンが勝ちカネロとの再戦が行われる場合を除き、9月16日以降WBCの王座が空位となる可能性がでてきている。
 
 カネロは、2015年5月にWBCが指令したゴロフキンとの王座統一戦でWBC世界ミドル級王座返上を決断。世間からゴロフキンから「逃げた」レッテルを貼られたカネロとWBCとの溝は深い。

 WBCは2015年5月、カネロ陣営に対し以前から延期していたゴロフキンとの王座統一戦を指令。しかし、その時、カネロは以前にプロモート契約していたオールスター・ボクシングに契約違反で訴えられ法廷闘争中だった。カネロ陣営はWBCへ交渉期間の延期を要請したが、WBCは延期を認めなかった。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

チャーロの関連記事はこちら

in44y

スーパーウェルター級からミドル級へ階級をあげた元IBF世界スーパーウェルター級王者ジャモール・チャーロ(米)に早くも世界タイトルマッチの挑戦権を得るチャンスが到来した。  WBC(世界ボクシング評議会)は、WBCミドル級1位のセバスチャン・へイランド(アルゼンチン)と、同級2位ジャモール・チャーロ(米)の両陣営に対して、WBC世界ミドル級挑戦者決定戦を行うよう指令した。 …

IBF世界スーパーウェルター級王者ジャモール・チャーロ王座を返上!

ジャモール・チャーロ(米)が現地時間16日、保持するIBF世界スーパーウェルター級王座を返上した。これに伴い、2月25日アラバマ州バーミンガムで予定されている同級2位トニー・ハリソン(米)と、同級3位ジャレット・ハード(米)のIBF世界スーパーウェルター級挑戦者決定戦は、王座決定戦へ格上げされることが決まった。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

村田諒太、現役続行を表明!世界挑戦の行方は?!

ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(帝拳)が8日、都内のジムで記者会見し現役続行を正式に表明した。村田は会見で「唯一得られなかったのがベルト。ベルトを取るためにために尽力したい」と述べた。  更に、世間で”疑惑の判定”と言われた試合で「得たものは大きかった。自分自身が、世界レベルで通用することが分かった。 …

in44y

2017年9月アメリカで軽量級トップを争う事実上のトーナメントが開催される公算が高い。トーナメントには米国デビューが噂されるスーパーフライ級のボス”モンスター”の名が浮上。この結果が今後の軽量級ドリームマッチの行方の鍵を握ることは間違いないだろう。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です