井上尚弥、ロマゴンの共演は9月9日米・ロサンゼルスが濃厚!


photo by:boxingscene

 2017年9月アメリカで軽量級トップを争う事実上のトーナメントが開催される公算が高い。トーナメントには米国デビューが噂されるスーパーフライ級のボス”モンスター”の名が浮上。この結果が今後の軽量級ドリームマッチの行方の鍵を握ることは間違いないだろう。

 2017年9月9日米・カリフォルニア州ロサンゼルス近郊エリアで、WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ、王者・シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)と、ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の再戦が行なわれることが明らかとなった。まだ、開催地は決定してないがロサンゼルス近郊で予定されている。

 ローマン・ゴンサレスをプロモートする帝拳プロモーションズと共に世界的なプロモーターとして活躍するK2プロモーションズ トム・ローフラー氏は、リング誌のインタビューで、シーサケット、ゴンサレスの再戦を9月9日に行うことを明かした。

 更に、ゴンサレスのアンダーカードにWBO世界スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥(大橋)の出場が予定されているという。試合はHBO(米・最大手ケーブルTV局)が中継する。

Sponsor Link

 以前から米国デビューが噂されていたが、今回は実現される可能性が極めて高い。米メガケーブルTV局HBOも以前から井上尚弥の起用に強い関心を示している。

 井上尚弥をプロモートする大橋ジムは8月30日、東京・後楽園ホールで井上拓真、清水聡、松本亮、井上浩樹が試合を行うことを発表した。大橋ジムの主要メンバーがこの時期に集結することは、9月に日本で井上尚弥が防衛戦を行うとは考え難い。

 八重樫が王座から陥落した今、主要メンバー不在の中で興行を行うことは興行的に見ても厳しい。今が井上にとって最適なタイミング。米国デビューが現実味を帯びてきたことは間違いないだろう。

 米・ボクシング専門メディア・リング誌のインタビューで井上尚弥の具体的な対戦相手の名はあげられてないが 、一部で元トップアマ出身でローマン・ゴンサレスとも戦ったマックウィリアムス・アローヨ(プエルトリコ)/19戦16勝(14KO)3敗が浮上している。

 会場については米・カリフォルニア州イングルウッドにある「ザ・フォーラム」があがっているが、同日、ロサンゼルス近郊エリアでWBA世界フェザー級王座統一戦、レオ・サンタ・クルス(メキシコ)、対、アブネル・マレス(メキシコ)の一戦が計画。会場は変更となる可能性もあるだろう。

 ローフラー氏は「シーサケット、ゴンサレスの初戦は素晴らしい戦いだったよ。シーサケットは立派に戦った。多くのファンがチョコラティート(ロマゴン)が王座を防衛する十分なパフォーマンを示したと認識。WBCが再戦を命じるには議論の余地が十分あった。ファンは再戦を見れることを楽しみにしている」。と延べている。

 アンダーカードにまだ交渉中だが、シーサケット、ゴンサレスの勝者と対戦が義務付けられることになるWBC世界スーパーフライ級暫定王者決定戦に出場が予定されている同級2位カルロス・クアドラス(メキシコ)と、同級3位ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の一戦が計画されている。

(Via:The Ring

Sponsor Link

クアドラス、エストラーダ交渉期限は6月8日、纏まらない場合は入札

WBC(世界ボクシング評議会)マウリシオ・スライマン会長は、交渉が進められているWBC世界スーパーフライ級暫定王座決定戦、同級2位カルロス・クアドラス(メキシコ)と、同級3位ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の交渉の最終期限を6月8日とすることを発表した。交渉が纏まらない場合、興行権は入札となる。  マウリシオ・スライマン会長はESPN …

クアドラス、エストラーダ戦について前向き!

カルロス・クアドラス(メキシコ)は、WBC世界スーパーフライ級王座への挑戦権を獲得したが次戦、ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)との臨時の戦いを強いられた。タイトル獲得まで遠回りすることになったが、当の本人は自身の置かれている立場に満足そうだ。 …

井上尚弥の対戦相手にマックウィリアムス・アローヨが浮上?!

2017年9月に米国デビュー戦が噂される、スーパーフライ級のボス、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)の対戦相手に、元トップアマのマックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)/ 19戦16勝(14KO)3敗 が浮上した。 …

Sponsor Link

井上尚弥、ロマゴンと9月米国で共演か?!

世界中のボクシング・ファンが望む軽量級最大のスーパーファイトは実現するだろうか。5月21日、超人的なクイックネス、爆発力で5度目の防衛戦に成功したWBO世界スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥(大橋)が、パウンド・フォー・パウンド(PFP)3位に君臨する軽量級最大のビッグネーム・ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)と共演する噂が広まっている。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です