村田諒太、エンダムの再戦の行方を占う


photo by:boxingscene

 「疑惑の判定」2017年5月20日、東京・有明コロシアムで行われたWBA世界ミドル級王座決定戦の判定結果は物議を醸し、その波紋は国内にとどまらずソーシャルメディアを通じ世界的に広まっている。

 村田を帝拳プロモーションズと共に米国でプロモートするトップランク社 ボブ・アラム氏は「これはスキャンダルだ!こんな判定は見たことがない」。帝拳 本田会長は「WBAが処分を決定しなければ再戦は選択肢に入らない」。と怒りをあらわにしている。今日までの一連の流れとあわせて、今後の行方を占ってみたい。

 WBA世界ミドル級王座決定戦が、2017年5月20日、東京・有明コロシアムで行われロンドン五輪ミドル級金メダリストで、WBAランク2位の村田諒太(帝拳)が、同級1位アッサン・エンダム(フランス)と対戦し、12回1−2(117-110,111-116,112-115)で物議を醸す判定負けを喫した。

Sponsor Link

 WBA(世界ボクシング協会)は25日、WBA本部があるパナマで記者会見を開き、アッサン・エンダム(フランス)と、村田諒太の直接再戦(ダイレクト・リマッチ)を正式に指令。さらに、この試合のジャッジを務めエンダム勝利を支持していた、グスタボ・パデーィジャ(パナマ)、ヒューバート・アール(カナダ)を6ヶ月の停止処分を下した。

 判定でカイズ(米)が117−110で村田を支持していたが、パデージャは116−111、アールは115−112でエンダムの勝利を支持していた。直接再戦の実現に向けハードルとなっていた課題はクリア。エンダム、村田の勝者が戦うことが義務付けられていた同級4位のロバート・ブラント(米)陣営からは再戦の勝者と戦うことを条件に既に同意が得られているという。

 WBAヒルベルト・メンドサJr.会長は、試合直後にソーシャル・メディアで、エンダム、村田の判定が問題視されていることを受け、自身で試合を検証。「2人のジャッジがアッサンを支持したが、私の採点では117−110で村田の勝利だ。公正なジャッジが出来なかったことに怒りと不満がある」。と述べWBAチャンピオンシップ委員会に再戦を要求した。

 会長自ら再戦を指令したが、WBAチャンピオンシップ委員会は開催されなく現段階では再戦の拘束力はない。帝拳 本田会長は「WBAが処分を下さいない限り再戦の選択肢はありえない」。とWBAを牽制、厳しい姿勢を示していた。

WBAの再戦が現実的か?!

 現状を考えればWBAの王座、エンダムとの再戦が現実的。次点でWBOタイトル挑戦だろう。WBCはチャンスがあるが、この先の勝敗次第でどうなるか予測は難しい。勝者次第で交渉は難航する怖れがあり、年内のタイトルマッチ挑戦を考えると不確定要素が多い。

 帝拳プロモーションズ 本田会長は「WBC、WBOのトップと村田のタイトル挑戦について会談した。村田が現役続行を決めた場合、最適なオプションを選択する。エンダムとの再戦もその1つだ」と語っている。

 当初、メディアのインタビューに対し本田会長はエンダムの再戦は無いと断言。しかし、この発言には大きな意図があるように思えた。もし、村田諒太が現役続行を決めた場合、他団体、WBC(世界ボクシング評議会)、WBO(世界ボクシング機構)のオファーがあるとは言え、実現性が高いエンダムのオプションを捨てるとは考え難い。これは、WBA以外の認可団体からも多くの関心をひくための牽制だろう。

 現役続行を決めれば、エンダムとの再戦以外にもオプションがあったほうが交渉はし易い。現に村田はWBOミドル級ランキング1位。王者への指名挑戦権を得られる位置にいる。つまり、WBOが王者に対し次戦以降、村田諒太との対戦を義務付ければタイトルマッチの機会が生まれる。

WBCは確度が低い

 ゴロフキンと、9月に戦うカネロ陣営は「村田と対戦してもいい」という。近い将来であればともかく、これはリップサービスだろう。もし、カネロがゴロフキンに勝利すれば世界のボクシングのけん引役になると決まると言っても過言ではない。

 カネロは、米西海岸で絶大な人気を誇る次期スーパースター候補。より、報酬が多く見込めるビッグマッチが既定路線だろう。まだ、北米で知名度がすくない村田と次戦で戦うとは考え難い。しかし、カネロをプロモートするGBPと帝拳プロモーションズの関係は良好。近い将来、村田がベルトを巻けば話は変わってくるだろう。

 仮にゴロフキンがカネロに勝利した場合、4団体王座統一戦を掲げているが、年内にもスーパーミドル級へ階級をあげることを示唆していることから王座を返上し、WBAスーパー、WBC、IBF(国際ボクシング連盟)の王座が空位となる可能性がある。

 WBCは、帝拳プロモーションズと関係が深いとはいえ、現状WBCミドル級ランキング15位外の村田を指名挑戦者に認定することは難しいだろう。指名挑戦権は、同級1位セバスチャン・ヘイランド(アルゼンチン)、2位にはミドル級に新たに参戦した無敗のジャーモール・チャーロ(米)/25戦全勝19KOが争う公算が高い。

Sponsor Link

WBOの場合は?

 WBOの指名挑戦者となった場合、7月に英国で行われる王者ソーンダースとクルツィゼの結果を待つ必要がある。ただ、ソーンダースが勝利した場合、開催地、報酬を巡り交渉が難航する可能性は高い。最悪、交渉が纏まらない場合、興行権は入札となる。

 トップランク社(大手・ボクシングプロモーター)ボブ・アラム氏は、2017年はじめに村田、ソーンダース実現のため、ソーンダース陣営に200万ドル(約2億2000万円)のオファー。しかし、ソーンダース陣営はオファーを断っている。

 これは、ソーンダースがWBA・WBC・IBF世界ミドル級統一王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦に方針を決定していたため。オファーは400万ドル(約4億4000万円)だったと言われている。以前、本田会長はソーンダース陣営と交渉が難航していたことを明かしている。

 日本にエンダムを招くとなれば多額の報酬が要求されるだろう。しかし、いまや日本だけでなく世界的にもこの再戦に対する関心度は高い。つまり、エンダムとの再戦は前回以上の視聴率、興行収益が予想される。各国に放映するとなれば放映権料も見込める。スポンサーも名乗りを上げ予算も多く確保できることが予想される。
 
 20日、フジテレビで放送されたエンダム、村田、のWBA世界ミドル級王座決定戦の瞬間最高視聴率は23.2%、平均視聴率は17.8%。国民の関心度は高く、「疑惑の判定」で連日、メディアでも紹介されている。日本開催を前提に考えれば、エンダムとの再戦が優位だろう。

 しかし、7月8日英国で行なわれるWBO世界ミドル級タイトルマッチ、ソーンダース対クルツィゼの勝者との一戦も興味深い戦いになるのは間違いない。ソーンダースvsクルツィゼの勝者への挑戦へ方針を決定した場合、英国、日本、どちらで開催することになるか不明。場合によっては、北米、英国が舞台となる可能性も少なからずあるだろう。

 先行きは不透明、流動的となり予測は難しいが、前述したとおり、村田の世界再挑戦に関して話題性は高い。ホスト局もそれなりの予算が確保できることから、中継に乗り出すことは間違いないだろう。WBOは交渉を開始するとしても7月以降、何れにせよ村田の世界再挑戦は開催地などの条件によりオファーを決めることになるだろう。まずは、村田の進退の決断を待ちたい。

(Via:ESPN

Sponsor Link

エンダム、村田の関連記事はこちら


村田諒太、次戦5月20日ハッサン・ヌジカムとWBA世界ミドル級王座決定戦を行うことが決定!

帝拳プロモーションズは3日、都内で記者会見を開き、WBA世界ミドル級2位・村田諒太(帝拳)が5月20日、東京・有明コロシアムで行なわれるWBA世界ミドル級王座決定戦で、同級ランキング1位ハッサン・ヌジカム(カメルーン)と対戦することを発表した。  …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

コット、亀海喜寛、再浮上!8月米ロサンゼルス開催で交渉継続!

一度、相手都合で消滅したと思われていた日本のボクシング・ファン待望のビッグカードが再浮上した。プエルトリコを拠点とするミゲール・コット・プロモーションズの重鎮ヘクター・ソト氏は、プロモートする4階級制覇王者ミゲール・コット(プエルトリコ)の次戦の対戦相手として、WBOスーパーウェルター級5位の亀海喜寛(帝拳)の挙げ、亀海を北米でプロモートするゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)と交渉…

ミゲール・コット、2017年までGBPと契約!

4階級制覇王者プエルトリカンの英雄ミゲール・コットが、2017年末までゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)と契約したことを明らかにした。  コットがGBPと契約したことで、今後GBP傘下であるデビッド・レミュー(カナダ)、サウル・”カネロ”・アルバレス(カネロ)の再戦、4階級制覇王者メキシカン・レジェンドのフアン・マヌエル・マルケスらとのメガマッチの機運が高まる。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です