WBAスーパー王者コラレス次戦、7月15日カステジャノスと防衛戦を行うことが正式に決定!


photo by:boxingscene

 ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)は、米国現地時間2017年7月15日、カリフォルニア州イングルウッドにあるザ・フォーラムで、WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者ジェスレル・コラレス(パナマ)/23戦21勝(8KO)1敗1分が、同級WBA11位ロビンソン・カステジャノス(メキシコ)/36戦24勝(14KO)12敗(7KO)を相手に3度目の防衛戦を行うことを正式に発表した。

 興行はトリプルヘッダーで行われ、コラレスの防衛戦を含む3試合が行なわれ、HBO(米・最大手ケーブルTV局)が「ボクシング・アフター・ダーク」シリーズとして生中継する。

 HBOのオープニング・バウトとして、WBCインターナショナルL・ヘビー級タイトルマッチ、ジョー・スミスJr./24戦23勝(19KO)1敗(1KO)、対、スリバン・バレラ(キューバ)/20戦19勝(14KO)1敗の一戦が行なわれる。

 WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)/32戦31勝(28KO)1敗(1KO)、対、同級WBCランク1位・三浦隆司(帝拳)/36戦31勝(24KO)3敗(2KO)2分の一戦が興行のメーンカードとなる見通し。

Sponsor Link

 興行を主催するGBPエリック・ゴメス氏は「彼(ジェスレル・コラレス)のことは高く評価しているんだ。、当時スーパーフェザー級で最も強いと言われていた内山高志と2度戦い勝利している。初戦はノックアウト、再戦は判定で勝利しているからね。

 彼はスーパーフェザー級において全てのファイターに挑戦できるファイターだと思っている。彼は素晴らしいファイターだから、我々みんなは興奮しているよ。

 それに、彼の米国デビュー戦の相手はタフなロビンソン・カステジャノスが相手だ。ロビンソンは、多くの優れたファイターとの経験を持っている。コラレスにとってロビンソンは危険な相手だよ。

 ロニー・リオス(米)/29戦28勝(13KO)1敗、ロッキー・フアレス(米)/42戦30勝(21KO)/11敗に勝っているし、あのユリオルキス・ガンボア(キューバ)から2度ダウンを奪い勝っている。ロビンンソンは危険な相手に違いないけど、この戦いは素晴らしい戦いになると思っている」。と語っている。

コラレス遂に米国デビュー

 あのパナマ人の米国デビュー戦が決まった。今後のスーパーフェザー級戦線を考えると最適なイベント、タイミングだと言える。コラレス、カステジャノス、双方にとってもメリットの大きい試合だ。
 
 コラレスの対戦相手カステジャノスは、5月5日カネロ、チャベスJr.の前夜祭として注目を集めたイベントで、ガンボアから2度ダウンを奪い戦意喪失に追い込み、7回TKO終了時にガンボアが棄権を申し出TKO勝利を収め、注目度が高い。

 米国で知名度がないコラレスにとって、カステジャノスはテストマッチ、実力を示す相手としても最適な相手だと言える。コラレスはGBPと複数年契約を締結。今後、北米でのマッチメークが有利に働き、順当に勝てばビッグマッチのチャンスがやってくるだろう。

 ガンボアを戦意喪失に追い込んだカステジャノスにインパクトのある勝ち方をすれば、北米での知名度、商品価値は大きく上昇する。今後、一気にスーパーフェザー級トップ戦線に浮上することは間違いないだろう。

 興行のメーンカードには、同級WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチも控え、WBO王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、IBF王者ジェルボンテ・デービス(米)が君臨。2017年後半戦を占う意味でも、この一戦は重要な試合となるだろう。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

コラレスの関連記事はこちら

WBA世界スーパーフェザー級王者コラレスがGBPと複数年契約を締結!

2度、来日したあのパナマ人がオスカー・デ・ラ・ホーヤ率いるゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(GBP)と契約を果たした。WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者ジェスレル・コラレス(パナマ)/ 23戦21勝(KO8)1敗1無 、がGBPと複数年のプロモート契約を締結。北米デビューする運びとなった。 …

内山高志、王座陥落、日本ボクシング界をショックが襲った

4月27日「ボクシングは何が起こるかわからない。」それを改めて認識した日だった。東京・大田区総合体育館で、WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志(ワタナベ)は、同級暫定王者・ジョスレル・コラレス(パナマ)に2回KO負けを喫し、12度目の防衛戦に失敗。王座から陥落。日本ボクシング界をショックが襲った。 …

Sponsor Link

こちらの関連記事もみたい

三浦、ベルチェル、クリチコWBC#2今日気になった世界のボクシングニュース

今日気になった、WBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェル、三浦隆司の開催日程。クリチコのWBCランクのニュースをお届けする。 三浦、ベルチェルの開催日程が大筋合意 …

オススメ記事はこちら

井岡一翔、真のリスペクトを得られるだろうか

WBA世界フライ級チャンピオン井岡一翔、人気、実力を兼ね備えた国内で最も興行価値の高い選手だ。その評価は国内だけでなくアメリカで最も権威あるボクシング・メディア、リング誌でフライ級1位と認定され実力が認められている。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です