WBA・IBF王者ジョシュア、クリチコとの再戦情報


photo by:boxingscene

 マッチルーム・プロモーションズ エディ・ハーン氏は、WBA・IBF・IBO世界ヘビー級統一王者アンソニー・ジョシュア(英)と、元3団体ヘビー級統一王者ウラディミール・クリチコ(ウクライナ)の再戦を11月に開催したい意向であることを明らかにした。さらに、開催地として英国カーディフの他、米・ネバタ州ラスベガス、中国、ドバイをあげた。

 クリチコは再戦条項を行使するか決定していない。エディ・ハーン氏は「クリチコは、再戦条項を行使しリ再戦に向かう方針であると思っている。11月はウェールズのラグビーの試合があり、ミレニアム・スタジアムが利用できない。だから、10月28日は開催日程としてオプションの1つなんだ。

 11月は利用出来ないけど、12月なら利用できる。しかし、再戦の日程をそこまで伸ばしたくない。だから、米ラスベガスのMGMグランド、中国、ドバイでの開催も検討している。

Sponsor Link

 ジョシュアはクリチコの戦いで肩を負傷した。クリチコもタフな戦いだったはずだよ。彼らは2週間休養し6月にトレーニングを再開できると思っている。仮に8月にトレーニング・キャンプを開始しても10月には間に合うだろう」。と述べている。

 IBF(国際ボクシング連盟)は、アンソニー・ジョシュアに対し次戦、同級2位クブラト・プーレフ(ブルガリア)/26戦25勝(13KO)1敗(1KO)との指名戦を義務付けている。

 ハーン氏は「クリチコと再戦するためIBFへ特別承認を申請するつもりでいる。彼らが承認するか分からないけどね」。と述べている。更に、クブラト・プーレフ陣営と接触し、指名戦前にクリチコとの臨時の試合を挟むことを協議中であることを明かしている。

 WBA・IBF・IBO世界ヘビー級統一タイトルマッチが、2017年4月29日英国ロンドンにあるウェンブリー・スタジアムで行われ、IBF世界ヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(英)が、ウラディミール・クリチコ(ウクライナ)と対戦し、11回TKO勝利を収めIBFの3度目に防衛に成功。IBFの王座に加え、WBAスーパー王座、IBO王座を獲得している。契約には再戦条項があり、6月上旬を最終期限としクリチコが行使するかの決定が待たれている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

ジョシュア、クリチコの関連記事はこちら

IBF王者ジョシュアがクリチコに勝利、ヘビー級新時代が幕を開けた!

ヘビー級史に残る重要な一戦は、歴史に残る名勝負に  現地時間2017年4月29日、世界ヘビー級新時代が幕を開けた。この結果により、クリチコが長期政権を築き停滞気味だったヘビー級のトップ戦線が活発化。米英対決、ボクシングの枠を超えたスーパーマッチの期待が高まったことは間違いないだろう。 …

ジョシュア、クリチコ、Showtime、HBOの視聴者件数

米・プレミアケーブル局のHBO(米・最大手ケーブルTV局)、Showtime(米・大手ケーブル局)が、現地時間2017年4月29日に配信した、英国ロンドンにあるウェンブリー・スタジアムで開催されたWBA・IBF・IBO世界ヘビー級王座統一戦、アンソニー・ジョシュア(英)、対、ウラディミール・クリチコ(ウクライナ)の視聴者件数が明らかとなった。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

三浦、ベルチェル、クリチコWBC#2今日気になった世界のボクシングニュース

今日気になった、WBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェル、三浦隆司の開催日程。クリチコのWBCランクのニュースをお届けする。 三浦、ベルチェルの開催日程が大筋合意 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です