カネロ、チャベスJr.のPPV購買件数は100万件超えか?!


photo by:boxingscene

 メイウェザー、パッキャオ戦以降のPPV(ペイ・パー・ビュー)イベントとして、久しぶりに100万件を超えるイベントとなりそうだ。米・YahooSportsによると、2017年5月6日、米・ネバタ州ラスベガスにある「T-Mobileアリーナ」で行われた、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)、対、フリオ・セサール・チャベスJr.(メキシコ)のPPV購買件数が100万件を超える見込みだと報じている。

 業界関係者はYahooSportsへ、90万件を超え100万件を超える見通しであることを伝えたという。興行を主催したゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)のスポークスマン、スティーブン・フリードマン氏は「ケーブルTV会社からの最終的なPPV販売件数は、一般的に1ヶ月以上、場合によっては1年かかることもある。

 ただ、衛星放送局の購買件数の情報は直ぐに入手することができる。この数値はその情報に基づき算出した数値です」。と述べている。GBP オスカー・デ・ラ・ホーヤ氏も「100万件を超える」と公言。現地時間12日にPPV購買件数を公式発表する見通しとなっている。

Sponsor Link

 カネロは、米・西海岸で絶大な人気を誇るが、まだその人気は全米レベルとはいえない。しかし、次世代のスター候補メキシカン・アイドルの米国における人気・知名度は着実にアップしている。チャベスJr.戦は凡戦となったが、多くのヒスパニック層の購買意欲を刺激。対、ゴロフン戦に向け多くの関心を集めることに繋げられたのは間違いない。

 カネロ、チャベスJr.の一戦は、興行収益だけでなく後のゴロフキン戦を考えても理にかなったイベントだった。メキシカン・スター同士が、メキシコの祝日にあたるシンコ・デ・マヨで激突。好戦的同士のファイターがプライドを掛けて戦うことから、試合前から大きな話題を生み、チケットはソールド・アウト。興行的にも成功が約束されたイベントだった。 

 カネロは、2013年9月にフロイド・メイウェザーJr.(米)戦ではPPVは220万件に到達したとはいえ、この記録はメイウェザーによる恩恵が大きい。しかし、近年ではカネロ自身のブランド力も増していることは紛れもない事実だろう。

 2016年9月米・テキサスで行われたリアム・スミス戦のPPV購買件数は40万件。一見、低調に見えるがスミスは米国に置ける知名度はゼロに近い。それでも、米・テキサス、アーリントンにあるAT&Tスタジアムには51,240人の観衆を集めたカネロの西海岸に置ける知名度は絶大的だと言える。

 期待されていたチャベスJr.戦が凡戦となり残念な結果となってしまったが、インパクトの無い試合の中での発表は、後のPPV購買件数に影響することは否めないが、サプライズ発表は待ちわびていた多くのユーザのPPV購買意欲を刺激したことも事実だろう。

(Via:Yahoo!Sports

Sponsor Link

カネロ、ゴロフキンの関連記事はこちら

ゴロフキン、カネロ、最新情報ミドル級リミット再戦条項あり

ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)は、現地時間2017年9月16日、米国で行われる予定のWBA・WBC・IBF世界ミドル級3団体王座統一戦、王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、対、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)の一戦の2つ契約条件を明らかにした。 …

Sponsor Link

ゴロフキン、カネロが電撃発表、チャベスJr.何もできず

2017年、米国で開催されるボクシング・イベントの規模としては最大級のイベントだろう。2017年9月16日、メキシコの独立記念日の週にWBA・WBC・IBF世界ミドル級統一王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、対、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)のメガマッチが実現することが正式に決定した。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です