IBF世界スーパーフライ級王者アンカハス次戦、帝里木下と対戦することが決定!


photo by:boxingscene

 IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)/28戦26勝(17KO)は次戦、現地時間7月2日オーストラリア、ブリスベンにあるサンコープ・スタジアムで、同級3位帝里木下(千里馬神戸)/27戦25勝(8KO)1敗1分を相手に2度目の防衛戦を行うことが分かった。
 
 アンカハスをプロモートするMPプロモーションズの代理人を務め国際的なマッチメーカーであるショーン・ギボンズ氏が明らかにした。帝里木下は1月28日プエルトリコで、同級6位マックジョー・アローヨ(プエルトリコ)とIBF世界スーパーフライ級挑戦者決定戦を行う予定だったが、急遽中止となっていた。

 アンカハスは2016年9月3日、フィリピンでWBO世界スーパーフライ級王者マックジョー・アローヨ(プエルトリコ)と対戦し、12回3-0(118-109,115-112,117-110の判定勝利を収め王座奪取に成功している。同日、メーン・イベントとしてWBO世界ウェルター級タイトルマッチ、王者マニー・パッキャオ(フィリピン)、対、同級1位ジェフ・ホーン(豪)の一戦が行なわれる。 

(Via:The Ring

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

WBC王者シーサケット、ロマゴンの再戦は2017年9月米・ロサンゼルスが有力!

WBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)/48戦43勝(39KO)4敗(2KO)1分が、元WBC世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)/47戦47勝(38KO)1敗との再戦へ向けトレーニングを開始。再戦は、2017年9月米・カリフォルニア州ロサンゼルスで計画されていることが明らかになった。 …

ゴロフキン、カネロ、最新情報ミドル級リミット再戦条項あり

ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)は、現地時間2017年9月16日、米国で行われる予定のWBA・WBC・IBF世界ミドル級3団体王座統一戦、王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)、対、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)の一戦の2つ契約条件を明らかにした。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です