マルケス復帰戦、ベルデホWBO王者フラナガンへの挑戦を表明、今日気になった世界のボクシングニュース


photo by:boxingscene

 今日気になった、マルケスの復帰戦、ベルデホの世界挑戦のニュースをお届けする。

 4階級制覇王者ファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が、2017年6月24日に復帰戦を検討していることを、マルケスのトレーナーを務めるナチョ・ベリスタイン氏が明らかにした。

 現在、マルケスは母国メキシコのロマンサ・ジムで復帰戦に向けトレーニングを行っている。現状、開催地、対戦相手などは全くの未定。6月に復帰戦が決まった場合、2014年5月マイク・アルバラード(米)と試合をした以来およそ3年ぶりのリングとなる。

 マルケスは「6月24日を復帰戦の目標として、ディスカッションしている。まだ、検討段階なんだ対戦相手も決まってないし、開催地、報酬や条件面も詰めなければならない。これらは重要なことだからね。復帰戦に向けてのトレーニングは順調だけど、我々はもう少し様子を見なければならない」。と述べている。

 マルケスは、ミゲール・コット(プエルトリカン)と交渉が進められていたが、契約ウェイトで折り合いを付けることができず交渉が破綻。マルケスは147パウンド(ウェルター級リミット)で望むが、ミゲール・コットは150パウンド周辺で望んでいた。1度は破綻となったが、まだ両陣営はビッグマッチ実現に向けて高い関心を示している。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

ベルデホ、WBO王者フラナガンへの挑戦を表明

photo by:boxingscene

 フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)/23戦23勝(15KO)が、WBO世界ライト級王者テリー・フラナガン(英)/33戦33勝(13KO)への挑戦を望んでいることを明らかにした。ベルデホは次戦、2017年6月10日米・ニューヨーク州ニューヨーク、マンハッタンにあるマディソン・スクウェア・ガーデンで、試合を行うことが決まっている。
 
 当初、6月10日にWBO世界ライト級王者テリー・フラナガンと試合が計画されていたが中止。現時点で、フラナガンへの挑戦がいつ、どこで行なわれるかは全くの未定。ベルデホは、6月10日に挑戦することを望んでいるが、フラナガンの直近は2017年4月に行われ試合間隔も短く現実的とは言い難い。

 WBOライト級ランキング1位のフェリックス・ベルデホは、2016年秋にテリー・フラナガンへの挑戦が内定していたが、ベルデホの怪我で中止。8月にバイク事故を起こし負傷し世界タイトル挑戦は一旦流れている。その後、 2017年2月3日、故郷プエルトリコのロベルト・クレメンテ・コロシアムで、オリバー・フローレスと対戦し、10回3-0の判定勝ちを収めている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

オススメ記事

ゴロフキン、カネロが電撃発表、チャベスJr.何もできず

2017年、米国で開催されるボクシング・イベントの規模としては最大級のイベントだろう。2017年9月16日、メキシコの独立記念日の週にWB…

WBO王者テテ、WBC王者・山中慎介との王座統一戦を望んだ

WBO世界バンタム級王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)が、王座統一戦を望んでいることを明かし、同級WBCチャンピオン山中慎介(帝拳)、WBA王…

Sponsor Link

WBC王者シーサケット、ロマゴンの再戦は2017年9月米・ロサンゼルスが有力!

WBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)/48戦43勝(39KO)4敗(2KO)1分が、元WBC世界スーパーフ…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です