リゴンドー次戦6月17日モイセス・フローレスと王座統一戦が正式に決定


photo by:boxingscene

 ロックネイション・スポーツ(RNS)は、WBA世界スーバーバンタム級スーパー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)/17戦全勝(11KO)が次戦、米国現地時間2017年6月17日ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ・インベントセンターで、同級暫定王者モイセス・フローレス(メキシコ)/26戦25勝(17KO)無敗と王座統一戦をすることを正式に発表した。

 この試合は、同日開催されるWBA・WBO・IBF世界L・ヘビー級3団体統一タイトルマッチ、王者アンドレ・ウォード(米)、対、セルゲイ/コバレフ(ロシア)のアンダーカードとして行なわれ、HBO(米・最大手ケーブルTV局)のペイ・パー・ビュー(PPV)枠として中継される。

 2017年2月の防衛戦が中止となり、ようやく開催日程が決まったリゴンドーは「今年、最大のPPVイベントで戦う機会を与えてくれた、RNS、カリブ・プロモーションズ、HBOに感謝したいです。モイセスとの試合は、ファンが見逃すことができない素晴らしい夜になるだろうね。彼らが見たいと思う試合を、HBOで示す最大のチャンスです。

Sponsor Link

 ファンの間では、僕がエキサイティングでないとよくいうよね。しかし、相手が僕の力を感じ彼らがランを始めるんだ。パンチの交錯がなくなるのは、僕のせいではないんだよ。何れにしても、ファンが望む試合にするつもりだ。リング中央で向かいあい、ファンが望むショーを提供する」。と述べている。

 対するモイセス・フローレスは「6月17日に、スケジュールが変更されギレルモ・リゴンドーと戦うことができることにエキサイトしているよ。

 このチャンスを与えてくれたHBO、プロボックス・マネジメント、TGBプロモーションズに感謝しています。当初決まっていた日程から、トレーニングは怠っていないし、僕がリゴンドーを倒しメキシコのファンが誇りに思うことを楽しみにしているよ」。と述べている。

 リゴンドーはおよそ11カ月ぶりのリング。2016年7月16日に英国カーディフでジェームス・ディケンズと対戦し2回TKO勝利を得た以来のリングとなる。尚、この階級のWBAレギュラー王座は、久保準が保持している。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

リゴンドーの関連記事はこちら

リゴンドー次戦、モイセス・フローレスとの交渉が合意!

メイン・イベントの中止に伴い興行自体が中止となり、約8ヶ月リングから遠ざかっているWBA世界スーパーバンタム級スーパー王者ギレルモ・リゴンドーの次戦がようやく決まる気配が見えてきた。  WBA(世界ボクシング協会)が指令していた、WBA世界スーパーバンタム級スーパー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)と、同級1位モセイス・フローレス(メキシコ)が合意に至ったことが明らかとなった。 …

リゴンドー次戦2017年2月25日が濃厚か?!

WBA(世界ボクシング協会)は、いくつかの指名戦を命じている試合について、興行権の入札を行うことを発表した。  WBAは、王座統一戦を命じているWBA世界スーパーバンタム級スーパー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)と、同級暫定王者モイセス・フローレス(メキシコ)の入札を、現地時間12月19日WBAの本部があるパナマシティで開催する。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

続報!コット、亀海喜寛、6月24日開催を目標に交渉中!

元4階級制覇王者ミゲール・コット(プエルトリコ)をプロモートするロック・ネイション・スポーツ 重鎮のマイケル・ヨーマーク氏は、米国現地時間2017年6月24日に予定されてるコットの対戦候補として、WBOスーパーウェルター級12位にランキングする亀海喜寛を挙げ、合意が近いことを示唆。コットの次戦は今後、数週間以内に決定される見通し。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です