IBF、IBF世界フェザー級王者リー・セルビーに対し、ジョナサン・バルロスとの指名戦を指令!


photo by:boxingscene

 IBF(国際ボクシング連盟)が、IBF世界フェザー級王者リー・セルビー(英)に対し、同級ランキング1位ジョナサン・バルロス(アルゼンチン)と対戦を義務付けていることが、BBCウェールズ(英国BBC局)のインタビューから明らかとなった。

 交渉期間は30日与えられ、交渉が纏まらない場合、興行権の入札が4月13日行なわれる。リー・セルビーは入札後、90日以内にジョナサン・バルロスと対戦することが義務付けられる。
 
 バルロスの戦績は、46戦41勝(22KO)4敗1分、2016年10月3日、東京・後楽園ホールで細野悟(大橋)と対戦し、2-1の判定勝利を収め、IBF世界フェザー級王座への挑戦権を獲得している。

 4敗は元世界王者ユリオルキス・ガンボアセレスティーノ・カバジェロ、ファン・カルロス・サルガド、マイキー・ガルシア実力者らに敗れたもの。

Sponsor Link

 当初、リー・セルビーは2017年1月28日米・ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランドガーデン・アリーナで、ジョナサン・バルロスとの指名防衛戦を行う予定だったが、NSAC(ネバタ州アスレチック・コミッション)が、バルロスに対しライセンスを承認しなかったため中止となっていた。

 ESPN(米・スポーツ専門メディア)によると、NSACが行った試合前のメディカル・チェックの血液検査で、肝炎の陽性反応を示し、NSACはライセンスに必要な条件を満たさないと判断を下したと報じている。

 次戦が宙に浮いたリー・セルビーは次戦、IBFからノンタイトル戦の承認を得て、2017年3月4日ロンドン、リバプールにあるO2アリーナで、アンドニ・ガゴ(スペイン)と対戦し、9回TKO勝利を収めている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

セルビーの関連記事はこちら

速報!IBF世界フェザー級タイトルマッチが中止に!

米国現地時間2017年1月28日ネバタ州ラスベガスにあるMGMグランドガーデン・アリーナで行なわれる予定だったIBF世界フェザー級タイトルマッチ、王者リー・セルビー(英)、対、同級1位の指名挑戦者ジョナサン・バロス(アルゼンチン)の試合が中止となった。 …

オススメ記事

WBC、ロマゴン、シーサケットの再戦を正式に指令!

WBC(世界ボクシング評議会)は、タイトルマッチを含む2試合の指名戦を指令。今後の軽量級のビッグマッチ、2017年後半を占う意味でも重要な一戦となりそうだ。 …

コット次戦の候補として亀海喜寛が浮上!

北米での実績を考えれば、現実的な対戦候補だと言える。2017年6月24日、米・ニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで予定されている元4階級制覇王者プエルトリコの英雄ミゲール・コット(プエルトリコ)の復帰戦の最有力候補として、WBOスーパーウェルター級ランキング12位の亀海喜寛(帝拳)が挙がっていることが明らかとなった。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です