ミゲール・コットの対戦相手に野中悠樹、ブランドン・リオスが浮上!


 元4階級制覇王者プエルトリコの英雄ミゲール・コットの次戦が、2017年6月24日米・ニューヨーク州ニューヨーク、ブルックリンにあるバークレイズ・センターで開催される計画であることが分かった。

 コット・プロモーションズ ブライアン・ペレス氏が近く、正式発表する見通しとなっている。ブライアン・ペレス氏は、コットが2017年内、引退までに2試合を望でいることを明かし、対戦候補にブランドン・リオス(米)、WBOウェルター級8位の野中悠樹(井岡)を挙げた。

 「ミゲールは6月24日に戦う。開催地に関してはまだ決まっていない。ニューヨーク、ダラス、ベガス、オーランド、幾つか候補はあるけど、ニューヨークで開催したいと思っている」と述べた。

Sponsor Link

 ミゲール・コットは、約17ヶ月リングから遠ざかっている。2015年11月21日米・ネバタ州ラスベガスにあるマンダレイ・ベイ・イベント・センターでサウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)と対戦し、0-3の判定負けを喫したのが最後の試合。プロ戦績は45戦40勝(30KO)5敗となっている。

 その後、2017年2月25日米テキサス州フリスコにあるフォード・センターでジェームス・カークランドとの試合が決定していたが、カークランドがトレーニング中に鼻を骨折。これを受け試合が中止となり興行自体も中止となっている。

 ペレス氏が挙げた対戦候補、ブランドン・リオスはビクター・オルティス(米)との対戦が噂され先行きは不透明。野中はWBO(世界ボクシング機構)の世界ランカーであるが、アメリカでは殆ど無名の日本人である。
 
 コットの次戦はHBO(米・最大手ケーブルTV局)が中継予定、2017年となり前年度よりボクシング中継の予算枠が削減され、視聴者件数が低迷。話題性のあるマッチメークが求められている。

 コットをプロモートするロック・ネイション・スポーツは傘下に収める選手は少なく対戦相手探しが難航するとはいえ、果たして日本人が大舞台に抜擢されるチャンスはあるだろうか。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

オススメ記事


村田諒太、次戦5月20日ハッサン・ヌジカムとWBA世界ミドル級王座決定戦を行うことが決定!

帝拳プロモーションズは3日、都内で記者会見を開き、WBA世界ミドル級2位・村田諒太(帝拳)が5月20日、東京・有明コロシアムで行なわれるWBA世界ミドル級王座決定戦で、同級ランキング1位ハッサン・ヌジカム(カメルーン)と対戦することを発表した。  …

Sponsor Link

カネロ、ゴロフキン、ソーンダースどうなるミドル級?!今後のミドル級を占う

ソーンダース陣営、ゴロフキン戦に同意!  遂にゴロフキンの連勝KO防衛記録がストップ。それまで、ゴロフキン戦を静観していたファイター達が次々に名乗りをあげている。2017年6月実現にむけ交渉が進められているゴロフキン、対、ソーンダース。2017年9月に実現が噂されるミドル級メガマッチの行方を占いたい。  現在、ゴロフキンは次戦、2017年6月「ワールド・エキスポ …

マイキー・ガルシア2017年夏にリナレスとの王座統一戦を希望!

3階級制覇王者同士の対決は実現するのだろうか。もし、実現すれば2017年中盤、米・カリフォルニアでWBA・WBC世界ライト級王座統一戦として、話題、注目の集まるイベントになることは間違いないだろう。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です