中止!IBF世界L・ヘビー級挑戦者決定戦、ベテルビエフ、対、バレラが中止


photo by:boxingscene

 開催日程が決まり、正式決定を待つばかりだったが、急遽試合が中止となった。米国現地時間4月21日フロリダ州マイアミで、IBF世界L・ヘビー級挑戦者決定戦が同級ランキング2位アルツール・ベテルビエフ(ロシア)と、同級ランキング7位スリバン・バレラ(キューバ)の間で争われることが決まっていたが中止となった。

 試合は、ベテルビエフのプロモーター、イボン・ミシェル氏、バレラのプロモーター、メイン・イベンツ社の間で正式に合意。しかし、スリバン・バレラはソーシャル・メディア、ツイッターを通じて、ベテルビエフとの試合に関し契約条件に同意した覚えがないと主張。ミシェル氏と、ベテルビエフのゲームだと批判していた。

 これに関し、メイン・イベンツを主宰するキャシー・デュバ氏も驚きを隠せない様子。イボン・ミシェル氏は、興行権の入札後にバレラの契約を確認済みだったという。

Sponsor Link

 イボン・ミシェル氏は、主要4団体のトップコンテンダーであるベテルビエフの世界挑戦を模索。IBF(国際ボクシング連盟)へ、次戦の試合をIBF世界挑戦者決定戦にするよう要請。これを受けIBFは、ベテルビエフ陣営からの要請を承認していた。その後、興行権は入札となったが両陣営は正式に合意。IBFへ公式契約書を提出済みだった。

 IBFは、ベテルビエフ陣営からの要請を受け、スリバン・バレラ陣営に対しIBF挑戦者決定戦を指令。交渉は合意に達することなく興行権は入札となり、イボン・ミシェル氏が25万1000ドル(約2830万円)で興行権を落札。

 報酬分配はIBFの規定どおり、ベテルビエフが18万8250ドル(約2121万円)75%、バレラが6万2750ドル(約707万円)25%受け取ることになっていた。

 その後IBFは、正式な契約書を受信。4月21日米・フロリダ州マイアミで開催することを確認。両陣営は、IBFの規定に従い正式契約書を2月17日までにに提出する必要があった。しかし、バレラは一方的に試合を拒否。ベテルビエフ陣営は再度、挑戦者決定戦に出場する選手を待つことを余儀なくされる。

(via:boxingscene

Sponsor Link

ベテルビエフ、バレラの関連記事はこちら

IBF世界L・ヘビー級挑戦者決定戦が4月21日マイアミで開催!

IBF世界L・ヘビー級挑戦者決定戦が、米国現地時間4月21日フロリダ州マイアミで、IBF世界L・ヘビー級ランキング2位アルツール・ベテルビエフ(ロシア)と、同級ランキング7位スリバン・バレラ(キューバ)の間で争われることが決定した。 …

IBF世界L・ヘビー級挑戦者決定戦、ベテルビエフ、バレラが濃厚!

IBF世界L・ヘビー級挑戦者決定戦が近く合意されそうだ。メジャー4団体のトップランキングに君臨するIBF世界L・ヘビー級ランキング2位アルツール・ベテルビエフ(ロシア)が次戦3月に、IBF世界L・ヘビー級7位スリバン・バレラ(キューバ)を相手にIBF世界L・ヘビー級挑戦者決定戦を行う見通しであることが分かった。 …

Sponsor Link

オススメ記事

IBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、デービスが次戦ウォルシュを相手に初防衛戦をすることが決定!

あのフロイド・メイウェザーJr.が太鼓判を推す、IBF世界スーパーフェザー級王者ジェルボンテ・デービス(米)の初防衛戦が、ボクシングバブル絶頂期の英国で開催することが決まった。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です