エストラーダ次戦3月11日アヌアル・サラスと対戦することが決定!

photo by:boxingscene

 サンフィール・プロモーションズ(メキシコ・大手ボクシングプロモーター)は現地時間7日、元WBA・WBO世界フライ級統一王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が次戦、現地時間3月11日メキシコ、メキシコシティにあるメキシコシティ・アリーナで、アヌアル・サラス(コロンビア)と対戦することを正式に発表した。

 エストラーダ、アヌアル・サラスの一戦は、WBCスーパーフライ級シルバー王座決定戦として行なわれる。これは、シーサケット・ソー・ルンビサイ(タイ)がWBC世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)に挑戦するため王座を返上したもの。

 同興行で、WBC世界バンタム級指名挑戦者決定戦が、同級ランキング2位ルイス・ネリー(メキシコ)と、同級ランキング8位ヘスス・マルティネス(コロンビア)の間で争われ、勝者はWBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳)の指名挑戦権を得ることになる。

Sponsor Link

 エストラーダをプロモートするサンフィール・プロモーションズは次戦、元WBC世界ライトフライ級王者エドガル・ソーサ(メキシコ)と対戦すること明かし合意することを示唆。しかし、ファンからエストラーダの対戦相手としてソーサは適した相手ではないと多くの批判を受けた。

 この批判を受け、サンフィール・プロモーションズ フェルナンド・ベルトラン氏は、交渉が進んでいたエドガル・ソーサ戦を白紙撤回。対戦相手の変更を余儀なくされていた。

 アヌアル・サラスは、母国コロンビアを主戦場としメキシコ、パナマで試合を行っている。プロ戦績は23戦20勝(12KO)3敗(2KO)。3敗のうち、1戦は元WBA世界スーパーフライ級王者ルイス・コンセプションに敗れたもの。2敗は、デビッド・サンチェス(メキシコ)、ウィベルト・ウィカブ(メキシコ)に負けたもの。

 エストラーダがサラスを敗れば次戦以降、WBC世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンサレスの対戦候補に挙がることは間違いない。この試合は、タイトル戦前のスーパーフライ級へのアジャスト、最後の調整となるだろう。ゴンサレスは、3月18日米・ニューヨークでシーサケット・ソー・ルンビサイと防衛戦を行うことが決定している。
 
 ゴンサレスは、ハードなマッチメークが続くが、順当に勝ち進めば2017年後半戦にカルロス・クアドラスとの再戦、エストラーダとの再戦が候補としてあがりそうだ。

(Via:boxignscene

Sponsor Link

関連記事はこちら

エストラーダ次戦ソーサとの対戦が消滅!

WBC世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)との再戦が囁かれる元WBA・WBO世界フライ級統一王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)、次なるターゲットはエドガル・ソーサ(メキシコ)ではないようだ。  数日前、エストラーダをプロモートするサンフィール・プロモーションズ …

オススメ記事はこちら

IBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、デービスが次戦ウォルシュを相手に初防衛戦をすることが決定!

あのフロイド・メイウェザーJr.が太鼓判を推す、IBF世界スーパーフェザー級王者ジェルボンテ・デービス(米)の初防衛戦が、ボクシングバブル絶頂期の英国で開催することが決まった。 …

Sponsor Link

WBOトリプル世界タイトルマッチ,4月22日,バルデス,ラミレス,マグダレノが防衛戦

トップランク社(米・大手ボクシング・プロモーター)は現地時間2日、WBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)が、4月22日カリフォルニア州ロサンゼルス郊外のカーソンにあるスタブハブ・センターで、同級ランキング1位のミゲル・マリアガ(コロンビア)を相手に2度目の防衛戦を行うことを発表した。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です