パッキャオvsカーン、カネロvsGGG今日気になった世界のボクシングニュース


photo by:boxingscene

続報! パッキャオ、カーン

 パッキャオ、カーンが突如ソーシャル・メディア、ツイッターを通じて対戦合意を発表。しかし、まだプロモーターから公式アナウンスはされてない。トップランク社(米・大手ボクシングプロモーター) ボブ・アラム氏、現地時間28日パッキャオのアドバイザーを務めるマイケル・コンツ氏と会談予定であることを明かした。

 ボブ・アラム氏は、米・ボクシングメディア ボクシング・シーンのインタビューに応じ、パッキャオ、カーンから対戦合意の発表を受け、まだ公式ではないと正式ではないと強調。「まだ、公式ではないけど、そのうち分かるだろうね。

 火曜日にパッキャオのアドバイザーのマイケル・コンツ氏と会談を予定している。既に、マイケル・コンツ氏は米国入りしている。明日会う予定だよ。

 マイケル・コンツ氏がオファーについて何を話したかは分からないけど、我々は全員が同じチームに属している。何れにせよ明日、マイケル・コンツ氏と共に、何がマニーにとってベストか議論する予定だ」。と述べている。

 開催日程は4月23日、開催地はアラブ首長国連邦(UAE)、ドバイかアブダビが最有力候補。米国への配信を考慮し、現地時間4月23日午前7時頃に試合が行なわれるとの見方が強い。

 UAEでの開催は過去にトップランクの他、ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)も検討していたが未だ実現には至っていない。 

(Via:boxingscene

Sponsor Link

カネロ、ゴロフキン実現なるか!

 2人が順当に勝ち進めば、2017年9月メキシコの独立記念日にあたるこの週、ファン待望のサウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)、対、ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)のメガマッチが実現する気配がでてきた。

 カネロをプロモートするゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)オスカー・デ・ラ・ホーヤ氏は、「この戦いを実現するうえで必要なものは、カネロ、ゴロフキンの2人が次戦に勝利することだ」。とGBPはカネロにゴー・サイン。

 GBP CEO オスカー・デ・ラ・ホーヤ氏は、所属するカネロと会談し、ゴロフキン戦を承諾している。「この契約は彼が今まで行った戦いの中で最も有益な契約条件になるだろうね。ただ、この戦いが起きるという保証はどこにもないんだ。

 5月6日カネロはタフで危険なフリオ・セサール・チャベスJr.と戦う。カネロはどこへも逃げたりしない。彼は最高のファイターとの戦いを望んでいるし、自身がベストでありたいと思っている。ゴロフキンは正にベストな相手だよ。
 
 カネロは、25歳〜26歳の間この若さにしてベストと戦ってきた。フロイド・メイウェザーJr.(米)、エリスランディ・ララ(キューバ)、アミール・カーン(英)、オースティン・トラウト(米)、ミゲール・コット(プエルトリコ)らと戦いキャリアを構築。次は、フリオ・セサール・チャベスJr.が相手だ。ゴロフキン戦はすぐそこだよ、ゴロフキンは、カネロとの契約を受けなければならない」。と述べている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

関連記事はこちら

パッキャオ次戦、4月23日アミール・カーンとの防衛戦が基本合意!

やはり、ジェフ・ホーン戦のオファー金額は妥当ではなかったのだろうか。フィリピンの英雄WBO世界ウェルター級王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が次戦、2017年4月23日に元WBA・IBF世界スーパーライト級統一王者アミール・カーン(英)と対戦することが基本合意したことが明らかとなった。 …

Sponsor Link

カネロ、GGGは本当に実現しないのか?!

「2016年ビッグマッチが少ない年になる」そう言われていただけに、残念なニュースが飛び込んできた。ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ(GBP)は、サウル・”カネロ”・アルバレス(メキシコ)がWBC世界ミドル級王座を返上することを正式に発表。これを受けWBC(世界ボクシング評議会)は同級暫定王者・ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)を正規王者として認定。カネロ、ゴロフキンの一戦は、事実上延…

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です