IBF世界ライト級タイトルマッチ2017年2月10日イースターJr.の防衛戦が決定!

image source to:The Ring from Premier Boxing Champions

 PBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)は、IBF世界ライト級王者ロバート・イースターJr.(米)が次戦、米国現地時間2017年2月10日オハイオ州トレドにあるハンティントン・センターで、IBF世界ライト級15位ルイス・クルス(プエルトリコ)を相手に初防衛戦を行うことを正式に発表した。

 アル・ヘイモン氏が陣頭指揮を執るPBCで開催され、BounceTVで(ET時間・午後9時 PT時間・午後6時)から中継される。セミ・ファイナルには五輪3度の出場経験をもち、2007年世界選手権で金メダルを獲得したトップアマのWBA世界バンタム級スーパー王者ラウシー・ウォーレン(米)が、WBA世界バンタム級1位ザナ・ザキヤノフ(カザフスタン)を相手に初防衛戦が行なわれる。

 初防衛戦が故郷オハイオで決まったロバート・イースターJr.は「世界タイトルを獲得したあと、ホームタウンであるオハイオで凱旋防衛戦をすることが夢だったんだ。今は世界タイトルを獲得した。今度は、ホームタウンでファンの前でタイトルを防衛することになる。

 世界タイトルを獲得したペンシルベニアでは多くの素晴らしいファンのサポートを受けた。多くのボクサーがホームタウンでの試合にエキサイトするよね。ペンシルベニアでは本当に多くのファンのサポートを受けたんだ。この試合を通じて勝利することは多くのファンからサポートされることが重要だと感じたよ。

Sponsor Link

 初防衛戦はオハイオにとって大きなものになるだろうね。今から、試合当日の夜に自分のスキルを披露することが待ちきれないよ。」と語っている。

 対するルイス・クルスは「イースターJr.との試合はとても大きなチャンスだよ。この試合で最高のパフォーマンスを披露するつもりだ。プエルトリコの為に戦い、プエルトリカンの世界王者になる。イースターはJr.素晴らしいファイターだし多くのファンのサポートを受けるだろう。

 ただ、私はこの試合に向けてこれまで以上にないハードなトレーニングを行っている。この試合はエキサイティングになるだろうけど、最終ラウンドまで続くことはないと思っている。」と語っている。

ウォーレン誕生前に最高のプレゼントを

 初防衛戦に挑むラウシー・ウォーレンは「既にリングへ戻る準備はできている。初防衛戦が誕生日の3日前に開催することができて嬉しいよ。初防衛することが自分にとっての最高のバースディプレゼントになるだろうね。

 ザキヤノフのビデオはチェックしたよ。この試合は良い試合になるだろうね。世界チャンピオンであることをエンジョイし、タイトルを防衛し自分の持っているポテンシャルを存分に披露する。」と語っている。

 対するザキヤノフは「世界タイトルマッチの機会を米国で得られて本当に嬉しいよ。ウォーレンが私の挑戦を受け入れてくれたことに感謝しているよ。ただ、これはウォーレンにとって大きな間違いとなるだろうね。私は米国へ行きインパクトのある勝利を得る。そうなればバンタム級で最も優れたファイターであるということを証明することになる。」と語っている。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

イースターJr.の関連記事はこちら

IBF世界ライト級タイトルマッチ2017年2月10日イースターJr.の防衛戦が濃厚!

IBF世界ライト級王者ロバート・イースターJr.(米)の次戦が、2017年2月10日米・オハイオ州トレドにあるハンティントン・センターで計画されていることが分かった。対戦相手は未定、初防衛戦は選択防衛戦となる見通しとなっている。 …

Sponsor Link

オススメ記事はこちら

増刊!WBC、2017年世界王者への指名戦、挑戦者決定戦を指令!

Sponsor Link  WBC(世界ボクシング評議会)の第54回年次総会が、米国現地時間12月11日よりフロリダ州ハリウッドで開幕。WBCマウリシオ・スライマン会長は、毎年恒例となっている各階級の王者への指名挑戦者と、指名挑戦者決定戦を発表した。 …

速報!ゴロフキン次戦2017年3月18日ダニエル・ジェイコブスと防衛戦を行うことが正式に決定!

入札前に合意できるか交渉の行方に注目が集まっていたWBA・WBC・IBF世界ミドル級統一王者ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)と、同級WBA正規王者ダニエル・ジェイコブス(米)の一戦が合意に至った。ゴロフキン、ジェイコブスはソーシャル・メディア、ツイッターを介し、正式契約に至ったことを発表した。 …

ロマチェンコ、次戦サリドと2017年3月に再戦が大筋合意

トップランク(米・大手ボクシングプロモーター) ボブ・アラム氏は現地時間20日、2017年3月開催へ向け交渉が進められているWBO世界スーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と、オルランド・サリド(メキシコ)の再戦が来年(2017年)3月に開催することで大筋合意していることを明かした。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です