IBF世界ライト級タイトルマッチ2017年2月10日イースターJr.の防衛戦が濃厚!


image source to:The Ring from Premier Boxing Champions

 IBF世界ライト級王者ロバート・イースターJr.(米)の次戦が、2017年2月10日米・オハイオ州トレドにあるハンティントン・センターで計画されていることが分かった。対戦相手は未定、初防衛戦は選択防衛戦となる見通しとなっている。

 同興行ではWBA世界バンタム級スーパー王者ラウシー・ウォーレン(米)の出場が内定。対戦相手は未定だが、イースターJr.と共に初防衛戦を迎える。アンダーカードには、ロンドン五輪米国代表で海兵隊のキャリアをもつジャメル・ヘリング(米)の出場が決まっている。

 アル・ヘイモン氏のプレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)で開催され、BonceTVで中継される予定となっている。ハンティントン・センターは、オハイオ州トレドのダウンタウンにあるおよそ8000人を収容できる多目的アリーナである。

Sponsor Link

 ロバート・イースターJr.は2016年9月米・ペンシルベニア州レディングにあるサンタンデール・アリーナで、リチャード・コミー(ガーナ)と空位となったIBF世界ライト級王座決定戦を争い12回2-1の判定で勝利し王座獲得に成功。故郷での凱旋初防衛戦がきまったイースターJr.の父は「故郷オハイオでは多くのファンが待っているよ。

 彼が、IBF世界ライト級王座を獲得した時、トレドの市長はパレードを開催したんだ。彼を見たいと思う多くのファンがここに居る。ハンティントン・センターは満員になるだろうね。初防衛戦には2人の候補が挙がっている。相手が誰であろうと今まで、ロバートは戦いを断ったことは無いんだ。」と述べている。

 当初、1月27日に計画されていたが2月10日に開催日程が変更された。PBCは2017年BounceTVで5つのイベントを中継、残りのイベントは米・ネバタ州ラスベガスで計画されている。ロバート・イースターJr.と共に初防衛戦を行うラウシー・ウォーレンは、エイドリアン・ブローナーが設立したアバウト・ビリオンズ・プロモーションズと契約した。

(Via:boxingscene

Sponsor Link

こちらの関連記事もオススメ

IBF世界ライト級挑戦者決定戦、シャフィコフ次戦、コミーと対戦

2016年12月2日、ロシア、モスクワで、IBF世界ライト級挑戦者決定戦が、IBF世界ライト級3位のリチャード・コミー(ガーナ)、同級ランキング5位のデニス・シャフィコフ(ロシア)の間で争われる。勝者は、IBF世界ライト級王者・ロバート・イースターJr.(米)への挑戦権を得ることになる。 …

Sponsor Link

IBF世界ライト級挑戦者決定戦、試合直前の情報!

本物のファイトになるだろう。現地時間2016年12月2日、ロシア、モスクワで開催されるIBF世界ライト級挑戦者決定戦の前日計量が1日に行われ、IBF世界ライト級3位のリチャード・コミー(ガーナ)が134.75パウンド、同級ランキング5位のデニス・シャフィコフ(ロシア)が134.25パウンドで両者が計量をクリアした。 …

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です