「iPad Pro」発売は遅れる?アップルはTouch ID搭載の新型「iPad Air」のアップデートへ

image source to:Tablet News

image source to:Tablet News

アップル関連の情報では、定評がある著名アナリストKGI証券、Ming-Chi Kuo氏よりアップルiPadシリーズのアップデートは「iPad Air」のみとなるだろうと予想していることが分かりました。

2014年は「iPad mini」のアップデートは無し

同士によると、今年は「iPad mini」のアップデートはされず、アップルは噂されている13インチのiPadシリーズの新型「iPad Pro」、Touch ID、「A8」プロセッサーを搭載した次期「iPad Air」の開発に集中する為だとしている。

また、アップルは今年中に発売が噂されている「iWatch」にもリソースを投入していると見られていて、13インチのiPadシリーズの新型「iPad Pro」のOS開発にも遅れがでていて、2014年度内に発売は難しいとしていて、発売されても極小数のロットではないかと予想しています。

Kuo氏によると、2014年度内は「iPad mini」のアップデートは無しとなっていますね。2014年はアップルは恐らく、既存製品のアップデートにはリソースを注がず「iWatch」「iTV」メジャーアップデートされる次期「iPhone」、「iOS8」、次世代「OS X」、新型iPadシリーズのリリースに注力をいれていくということでしょうか。新型iPad Proは12.9インチとなり、高解像度「4K」を搭載するともいわれています。その中でもOSがどうなるのか、iOSなのか次世代「OS X」なのか、新しい市場に向けてのiPad Proを含めて、今後新製品の噂がでてくると思うので、どうなるか楽しみですね。

(Via: Apple Insider)

SNSで最新情報をチェック

更新情報は、twitter,facebook,でチェックできます。facebook限定の記事もありますので非ご登録いただければとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です