C科技によると、複数のFoxconn内部情報として、2014年アップルの次期iPhoneは、既存のモデルよりもディスプレイを大型化したモデル、4.7インチ、5.7インチのディスプレイを搭載した2種類のiPhoneを搭載する予定と報告しています。

次期iPhoneには、2種類のモデルともに生体認証システムが標準搭載されるとのことですが、詳細は不明です。

5.7インチは、Galaxy Note3、Sony Xperia Z ultraといった製品がありますが、5.7インチの新型iPhoneはファブレット向けに新たに投入するということだと思いますが、アップルは、スマートフォン、ファブレット、タブレットとの3種類でどう差別化を図ることになるのか楽しみですね。

iPhone5で、ディスプレイが縦長となり4インチとなりましたが、5.7となると片手での操作は難しくなるかもしれませんね。ディスプレイの大型化は賛否両論あると思いますが、個人的には賛成です。4インチだとまだ小さいかなと思っています。

(Via:気になる、記になる…)