11月14日に発売された、アップル、iPad mini Retina ディスプレイの一部で液晶の焼き付き問題が発生しているようです。

生産段階から、iPad mini Retinaディスプレイの焼きつき問題があり生産遅れているとの話がありましたが、噂どおり11月に発売されましたが、ここ数日海外のブログ・サイトなどで、「iPad mini Retinaディスプレイ」で液晶に焼きつきがあると報告されています。

 ディスプレイ焼きつき問題

iPad mini Retinaディスプレイの供給元は、シャープ IGZO、LGディスプレイと言われていますが、現状一部ユーザからの報告があがっていますが、詳細は不明とのことです。

 1.ディスプレイ焼き付き確認方法

お使いの「iPad mini Retinaディスプレイ」の焼きつき問題を確認する方法はいかのとおりです。

こちらのWebサイトにいき数分表示します。

2.ディスプレイ焼きつき確認方法

retina-ipad-mini-image-retention-640x476-6
Switch to grayをクリックします。

発売前の段階では、焼きつきに関しても一目では区別がつかないほどだが、アップルの技術基準には適合しないとあったので、てきいり発売遅れるのかと思ったのですが、予定どおり11月に発売されたので品質はクリアしたと思っていたのですが。

Retinaディスプレイ搭載となったiPad mini、この問題は大きそうですね。