「iPhone 5S」発売日前まとめiPhone 5スペック比較、初期出荷台数はどうなる


Apple次期iPhone「iPhone 5S」が米国現地時間9月10日アップル本社にて発表され9月20日に発売されるのでは?といわれています。

さて、今回は今までの噂を含めてまとめてみます。

 iPhone 5S 新色カラーが追加!

130828iphone5s5c1

シャンパンゴールド&ホワイト、グラファイト&ブラックの2色が新しく追加されていると噂されています。個人的には、シャンパンゴールドですかねぇ〜 ケースにいれると目立たなそうですが・・・

iPhone 5Sスペック 現行機種との比較!

iPhone5 iPhone5S
プロセッサー Apple A6 Dual Core 1.3GHz Apple A7 ARM v8
メモリ 1GB 1GB LPDDR3
ディスプレイ 4インチ Retina Display 4インチ Retina Display(IGZO)
グラフィック PowerVR SGX 543MP3(266MHz) Quad-core SGX 554MP4
解像度 1136×640 1136×640
カメラ 800万画素 1200万画素 デュアルLED
無線(Wi-Fi) 802.11a/b/g/n 802.11ac/a/b/g/n
ストレージ 16/32/64GB 16/32/64/128GB
NFC
指紋認証

「A7」プロセッサが搭載され、現行のiPhone 5より31%処理速度が向上すると報じられています。IGZOディスプレイ、メモリはLPDDR3にアップグレードされ、消費電力も低下されバッテリー持続時間が飛躍する可能性が高いです。

MacBook Air 2013-MIDでも対応した、Wi-Fi無線LANの「802.11ac」対応する可能性も高いです。

他には、NFC、指紋認証にも対応すると噂されてます。指紋認証は決済サービスなど今後出てくると思うので、こちらの記事にもありますが、個人的にかなり期待してます。

プラチナLTE(800MHz)に対応?

platinum_bands
プラチナLTE対応となると、遠い場所、ビルの影、ビルの内部コンクリート壁も透過できることから電波の浸透性が高く、電波がよく届くことから「プラチナLTE」と呼ばれています。

指紋認証、NFCの他に注目されている「プラチナLTE」へ対応ですが、「iPhone 5S」で対応されるのではと噂されています。この800MHzのプラチナLTEが対応となると、KDDIの端末が最も有利になるといわれています。というのも、KDDIは現在Android端末向けに「プラチナLTE」を提供しており、平均速度「21Mbps」と高速かつ通信が途切れることなく、他のソフトバンク、NTTドコモなどの通信キャリアと比較すると、最もパフォーマンスが高いと言われています。 

現在、「プラチナLTE」を提供しているKDDIは、NTTドコモ、ソフトバンクと比較すると最も基地局数が多いと言われています。ここにきて、NTTドコモも「iPhone 5S」の取り扱いを開始するとの噂もあるので、今後は繋がりやすさ、通信速度・スピードがユーザが通信キャリアを選択する重要なファクターになるでしょう。「プラチナLTE」800MHzが対応となると、現時点では「KDDI」にアドバンテージがあり有利になるのではと思います。

iPhone 5S初期出荷台数は「300万台」?

IBTによると、次期iPhone「iPhone5S(仮)」の初期出荷台数は、指紋認証、LCDドライバの生産に問題が有り、当初6月に生産開始を予定していたが、7月末に遅れこの影響から初期の出荷台数に影響があり出荷台数は「300万台」になると報じられています。

初期出荷台数が気になるとこですが、ここにきて「NTTドコモ」も参戦との噂もあるので、今後は「iPhone 5S」の顧客獲得に向けて益々競争が激化してくると思います。価格、スピードなどユーザの利便性が上がることは間違いないですね。何れにしても正式発表を待つことにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です