「iPhone 5S」128GB、ゴールドカラーモデル、ARMv8搭載か!現時点でのスペック情報

IMG_02935B15D

9to5Macより、精度の高い情報を発信するKGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏が「iPhone 5S」に関するハードウェア情報、新機能を伝えています。

プロセッサー: A7 ARMv8
メモリ:1GB RAM
ストレージ:16/32/64/128GB
カメラ:800万画素 デュアルLEDフラッシュ
指紋認証:サファイアガラスを採用した指紋認証機能付きホームボタン
カラー:ゴールドカラー

現時点での「噂」ベースのスペック情報は以下のとおりです。

iPhone 5S
プロセッサー Apple A7 ARMv8
メモリ 1GB LPDDR3
ディスプレイ 4inch Retina Display(IGZO)
グラフィック Quad-Core SGX 554MP4
解像度 1136×640
カメラ 800万画素 Dual-LED
無線(Wi-Fi) 802.11ac/a/b/g/n
ストレージ 16/32/64/128GB
NFC
指紋認証

プロセッサーには、以前ロードマップ予想にあった64bit「ARMv8」が採用されるようです。「iOS 7」では64bit非サポートなので、将来的には「64bit」化を見越してでのサポートだと予想できます。

IGZOディスプレイ、LPDDR3を採用することにより、消費電力が低下することから現行モデルよりもバッテリー持続時間が伸びそうです。

SNSで最新情報をチェック

更新情報は、twitter,facebook,でチェックできます。facebook限定の記事もありますので非ご登録いただければとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です