LG Display 2013年10月発売と噂されいる「次期iPad mini」向けの「Retina Display」パネルを「200万枚〜300万枚」出荷か

apple-ipad-mini

DigiTimesによると、LGディスプレイが2013年第3四半期に(7月〜9月)に次期iPad向けのパネルを1ヶ月の間に「250万枚〜300万枚」出荷すると報じています。

次期iPad「iPad5(仮)」向けに「100万枚〜200万枚」、残りのパネルを現行iPad(iPad 4th)向けのパネルのようです。

次期iPad「iPad5(仮)」向けのパネルについて

解像度は(2048×1536)と変更はないが、現行のiPadと筐体を比較すると軽量化され薄くなり、バックライトが2本から1本に変更になると報じています。

次期iPad mini「Retina Display」について

今秋10月にリリースされるといわれている、次期iPad mini向けの「Retina Display」のパネルを毎月「200万枚〜300万枚」出荷されると報じています。

先日のDisplayサーチのアナリストは、iPad miniの「Retina Display」搭載は、2014年以降になると報じていましたが、真相はどうなんでしょうか。

噂の続報を待つことにします。

SNSで最新情報をチェック

更新情報は、twitter,facebook,でチェックできます。facebook限定の記事もありますので非ご登録いただければとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です