VMware Fusion5 on Windows7 日本語キーボードからUSキーボードに変更させる手順について


photo credit: Alfred Hermida via photopin cc

先日購入したMacBook Airに「VMware Fusion 5」をインストールしたら以前のバージョンより、便利になっていてびっくりしましたよ。

早速、「MacBook Air」にWindows7をインストールして色々試していたら、キーボードが日本語配列で認識していました。「VMware Fusion5」の便利な機能等ご紹介したいところですが、今日は、先ずWindows7にて、日本語キーボードからUSキーボードに変更する手順を記載しようと思います。

 キーボードドライバの変更

コントロールパネル>ハードウェアとサウンド>デバイスとプリンター>デバイスマネージャを開きます。
130716-0001
キーボード>標準 PS/2 キーボードをクリックします。
130716-0007
「ドライバー」タブ>「ドライバーの更新」をクリックします。
130716-0006
「コンピューター上のデバイス ドライバの一覧から選択します」をクリックします。
130716-0009
「互換性のあるハードウェアを表示」にチェック>(標準キーボード)>(標準PS2 101/102)を選択し「次へ」をクリック
130716-0011
最後にシステム再起動が求められるので、再起動後Windows7起動後、英語キーボードとして認識したら成功です。

 Windows7の日本語切り替え方法

「alt + `」で日本語切り替えが可能です。

恐らく日本語キーボードとして認識してしまったのは、「Windows7」を自動インストールしてしまった為ではないかと思います。最近のVMware製品はWindowsのインストールも自動化されて便利なんですが、こういう罠もあるんですね。また、日を改めて「Windows7」の手動インストールも試してみようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

VMware Fusion5 on Windows7 日本語キーボードからUSキーボードに変更させる手順について」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: VMWare Fusion | SanRin舎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です