2013年8月より、「iPad mini」「廉価版iPhone」出荷開始か!iPhone5Sは出荷遅れか


DigiTimesより、台湾「Pegatron」が廉価版iPhoneと次期iPad miniの受託生産を受注し、8月より出荷開始すると報じています。

iPhone生産はFoxconnがメインでしたが、Appleは2011年夏頃「iPhone5」の生産を台湾Pegatronに発注しています。

順当にいけば、6月より廉価版iPhone、次期iPad miniの部品出荷開始という流れでしょうか。廉価版iPhoneは、iPhone4 Bumperのカラーラインナップを踏襲し、5色展開(ブラック、ホワイト、ピンク、オレンジ、ブルー)になると報じています。8月発売となれば、Appleからスペシャルイベントがありそうですね。

2012-iphone5-gallery1 (1)

次期iPhone5Sの出荷は2014年?

気になるのはAppleの主力製品である、次期iPhone(iPhone5S)、次期iPad(iPad5)の出荷が2014年前半に遅れるのではないかと報じられています。こちらは、Foxconnで製造されるとのことです。

カラーラインナップは、シルバー&ホワイトに、グレー、ゴールドを加えた3色展開になるようです。また、ブラック&ストレートはなくなるかもしれないとの噂もあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です