「iPad mini 」Retinaディスプレイモデル発表、発売直後は品薄状態が続くのか!


米国現地時間2013年10月22日、アプルスペシャルイベントにて、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」が発表されました。

Retinaディスプレイ搭載!

iPad-mini-2 (1)
新型iPad miniは、「Retinaディスプレイ」を搭載し解像度は「2048×1536」となりiPad Airと同等となっています。

「A7」64bitプロセッサ、M7モーションコアプロセッサ搭載

iPad-mini-4
iPhone 5sと同じく64bitプロセッサ搭載となり、CPUは最大4倍、グラフィックパフォーマンスは最大8倍高速になっているとのことです。

さて、「iPhone 5s」でも搭載された「M7」モーション・コアプロセッサーも搭載されています。これは、「iPad mini」の動きをチェックし、車を運転中・歩行中・止まっている・など状況を識別します。状況識別が可能になることで、一定以上「iPad mini」が動いていない場合は、ネットワークをチェックする間隔などを広げるなどをし、バッテリーを節電してくれます。

また、「M7」向けのアプリ、Nike FuelBandのように使える「Nike +Move」なども今後リリースされていくようです。

無線LAN機能のパフォーマンスが最大2倍に!

サポートされている無線LANの規格は「iPad mini」と同様ですが、MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)対応のアンテナを2本搭載することにより、無線LANのパフォーマンス最大2倍に高めるそうです。

厚さと重さが微増

厚さ、0.3mm、重さが29g、サイズアップしています。この辺は「Retina ディスプレイ」搭載によるものなんでしょうか。

値段

iPad-mini-9

Wi-Fiモデル
16GB 41,900円
32GB 51,800円
64GB 61,800円
128GB 71,800円
「KDDI」「ソフトバンク」「NTTドコモ」セルラー版の取り扱いについて

KDDIは「iPad mini Retina ディスプレイ」(Wi-Fi+Cellularモデル)を11月下旬より発売、ソフトバンクでは、11月中に発売としている。尚、Wi-Fiモデルの取り扱いはしないとのこと。

NTTドコモは、年内の取り扱いを目指す方向で調整中でキャンペーンなども用意しているとのことです。

ソフトバンクのこちらのページでオンライン予約をしています。 

「iPad mini Retinaディスプレイ」販売ロット数少ない?

Apple Storeでは、発売日は11月中となっており現段階では、詳細はわからない状態となっています。

アナリストによると、ディスプレイの生産上に問題が有り2013年第4半期の供給は極端に少ないだろうと予想しているようです。その後も2014年第1四半期まで品薄状態が続くだろうと報告しています。

現段階で「Apple Store」量販店での予約ができない状況を見ると、「iPhone 5s」と同様に生産数が少なく一定数以上の在庫確保が出来ないのではとも推測できますが、この情報が本当であればアップルの年末商戦に影響がでそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でin44y

最新の関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です