ファン・マニュエル・マルケス次戦は2015年、ショーン・ポーターが候補

photo credit :The Latino Post

photo credit :The Latino Post

BoxingSceneによると、4階級制覇したファン・マニュエル・マルケスの次の対戦候補ですが、マルケスのトレーナーであるナチョ・ベリスタインは1人の候補として、現IBFウェルター級王者 ショーン・ポーターを候補してあげてるようです。

マイク・アルバラードに勝った、ファン・マニュエル・マルケスの最終目標は5階級制覇、ウェルター級のベルト。マルケスは、次戦の前にまず再びリングで戦うかどうかを決めなくてはならないと言ってるようです。

40歳のマルケス、8/23で41歳を迎える。メキシカン初の5階級制覇を達成して欲しいと思いますが、現ウェルター級の王者を観てみると、強敵揃い。
・WBC フロイド・メイウェザー
・WBA Super フロイド・メイウェザー
・WBA キース・サーマン
・WBO マニー・パッキャオ
・IBF ショーン・ポーター

フロイド・メイウェザーとの2戦目は現実的に難しい、マニー・パッキャオとの5戦目はマルケスがパッキャオとの対戦に興味を示していない、残る2人「 キース・サーマン 」「 ショーン・ポーター 」両者、近い将来ウェルター級戦線の中心になる可能性がある次世代のエース候補、ショーン・ポーターに関しては、マリナッジを下し評価・知名度ともに上がってきて、2014年8月16日、無敗のケル・ブルックとの対戦が決まっています。

2人ともアル・ヘイモン傘下の選手なので、GBP、トップランクのプロモーターの改善がされないと難しそう。2人ともナチュラルなウェルター級でスピード、パワーだけでなく、ボクシングも上手い選手、マルケス不利だと思いますがマルケスには、卓越したテクニック、カウンターパンチを持ってるので、面白い試合になること間違いないです。

(Via: BoxingScene )

SNSで最新情報をチェック

更新情報は、twitter,facebook,でチェックできます。facebook限定の記事もありますので非ご登録いただければとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です