亀田和毅、大物マネージャーのアル・ヘイモンと契約!次戦は米国が主戦場となる

image source to:izquierdazo

image source to:izquierdazo

ESPNによると、WBO世界バンダム級チャンピオン亀田和毅選手が、米国ボクシング界の大物代理人、アル・ヘイモン氏と契約したと報じています。

アル・ヘイモンとの契約

こちらの記事で紹介した、見事7RTKO勝ちをした亀田和毅選手ですが、アル・ヘイモン氏との契約が決まった。フロイド・メイウェザーをはじめ、世界トップクラスのボクサーを多数抱え、ボクシング界で影響のあるアル・ヘイモン氏と契約したことにより、米国北米でのマッチメイクが容易になりそうだ。亀田和毅選手の実力が満たないという話もあるが、実力は後からでもよく、こういったチャンスを得られるかどうかで海外でのビッグマッチに繋げられるかが決まると思う。

Sponsor Link
アル・ヘイモン氏は、フロイド・メイウェザー Jr、エイドリアン・ブローナー、ダニー・ガルシア、マルコス・マイダナ、ルーカス・マティセ等、世界のトップボクサーを多数抱、ゴールデン・ボーイ・プロモーション、TV局のShowtimeと数多くの試合をマットメイクし、最近では契約選手を増やし積極的に活動していてビッグマッチをメイクするキーマンといってもいいこの契約は今後に繋がるのは間違いない。亀田和毅氏はメディア向けのコメントで、アル・ヘイモン氏にビッグマッチを組んで欲しいとコメント。

次戦はWBO統一戦か

WBOは、WBOバンタム級チャンピオン亀田和毅選手に、同級暫定王者アレハンドロ・エルナンデス(メキシコ)の統一戦を命じた。エルナンデスは、2013年9月に下田選手と戦い判定負けで敗れてます。今後はスーパーバンタムに上げるという話もありますが、スーパーバンタム級は強豪(リゴンドー、レオ・サンタクルス)なども居るので、しばらくは階級を変えずにバンタムで防衛していくだろう。

(Via: ESPN Boxing)

SNSで最新情報をチェック

更新情報は、twitter,facebook,でチェックできます。facebook限定の記事もありますので非ご登録いただければとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です