再戦決定!フロイド・メイウェザー vs マルコス・マイダナ 2 リマッチ 2014年9月ラスベガスMGMグランド

BsNQOZ6IgAA2HRK

2014年9月13日の次戦の対戦相手が決まっていなかった、フロイド・メイウェザーの対戦相手が、マルコス・マイダナになることが正式に決定しました。

会場はラスベガスMGM

フロイド・メイウェザー自身のtwitterからもアナウンスがあったとおり、次戦の相手は、マルコス・マイダナとのダイレクト・リマッチに決定しました。米国現地時間、2014年9月13日、ラスベガス、MGMグランドガーデンアリーナでWBC/WBAウェルター級タイトルマッチとしておこなわれます。

次戦の興行はゴールデン・ボーイ・プロモーションではなくメイウェザー・プロモーション単独で興行するという話もありましたが、会場がラスベガスになったこともあり、メイウェザー・プロモーションのプロモーターライセンスの都合上、今回は、ゴールデン・ボーイ・プロモーションと共同で興行するようです。

メイウェザー・プロモーションがニューヨークでのプロモーターライセンスを取得したこともあって、ニューヨーク、バークレイズ・センターでの開催の予定もあったようですが、州税の関係でラスベガスとなった可能性が高いです。

ファイトマネー、PPV件数は

マルコス・マイダナ、ロバート・ゲレロ戦のファイトマネーが「3200万ドル」、サウル・アルバレス戦が「4150万ドル」、今回のリマッチも恐らくこの辺りの金額が最低保証のファイトマネーになるのではないかと思います。

直近のPPV件数は、ローバート・ゲレロ戦が「84.5万件」、サウル・アルバレス戦が「220万件」、マルコス・マイダナ戦が「90万件」、サウル・アルバレス戦のPPVの売れ行きが、ボクシングPPVランキング1位の、デ・ラ・ホーヤ戦「240万件」の次に最も成功したイベント。個人的には、前回の試合内容がダイレクト・リマッチになるような僅差では無かったので、PPVを購入する人は前回と同等か少し下がるのではと思います。

さて、メイウェザーのリマッチは2002年のカスティージョ戦以来ですね。今回のリマッチになったのは前回の判定結果(2-1)もあると思いますが、対戦相手が居なかったのが一番の理由ではと思います。PPV収益、興行の観点から見ると、ネームバリューもある、アミール・カーンとの対戦が一番の有力だったと思いますが、カーンがラマダンの時期と重なった為、ネームバリューがある選手がいなかったのが、ダイレクト・リマッチに繋がったのではないかと思います。

(Via: Forbes)

SNSで最新情報をチェック

更新情報は、twitter,facebook,でチェックできます。facebook限定の記事もありますので非ご登録いただければとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です